有料記事

アンチ「ビリギャル」

 今まで「受験」というジャンルでヒットした漫画やドラマは数多い。そして、その大半は暴走族や落ちこぼれが奇跡の難関校合格というパターン。ありえないような話ばかりなのだ。そして、大半の人がそれを信じてしまう。  私などが言っても信用されないかもしれないので、林修先生の主張をご覧ください。 「林修オフィシャルブログ」より  予備校講師でタレントの林修氏が、以前大きな話題を呼んだ「ビリギャル」を一蹴した。  5日、『林先生が驚く初耳学』(TBS系)で、ハライチの澤部佑が『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(アスキーメディアワークス)について意見を求めた。しかし、林先生は「僕はハッキリ言ってまったく感動していません」とバッサリ。  その前には「あの話について僕はコメントしたくないんですよ」と、嫌悪感ともとれるような発言を加えていた。落ちこぼれ学生のサクセスストーリーなのだが、なぜそれほど冷たくあしらったのだろうか。  林氏の話によると、この学生が合格した慶應義塾大学の「SFC」は、英語と小論文で出題されるため、徹底訓練を積めば合格できるという見解だった。小学校や中学受験で勉強していれば、高校の最後だけ勉強しても合格する可能性は十分だそうだ(東大は科目が多いので難しいとのこと)。  一時期大きな話題となったこの「ビリギャル」だが、その”真相”には以前から多くの批判が巻き起こっていた。この主人公の女性は「もともと有名な進学校出身」「偏差値30はあくまで学校内でのもの」など触れ込みとはイメージと異なる部分が多く、林氏が指摘したように科目にも”カラクリ”が。 「所詮は商売」「フタを開ければこんなもの」という呆れ返るようなコメントが各掲示板に殺到した。本の話題性に乗っかって本人たちがメディア露出したのも悪印象だったかもしれない。終いには有村架純主演で映画化までされた。  受験生を間近で見ている林氏が、この「ビリギャル」に冷淡な態度をとるのもうなずける。現実主義的な発言が多い林氏からすれば、無用に煽って受験を道具に使われたのは腹立たしい部分もあるのかもしれないし、受験生に不要な「夢」を見せることもやめてほしいのかもしれない。  私は三重県北部で塾を経営しています。この地区の現実をお知らせすれば少しは納得いってもらえるかもしれません。 令和3年度、四日市高校合格者数         人数   上位  陵成中学校 16名   8%  光陵中学校 15名   8%  東員第一中  4名   3%  北勢中学校  2名   2%  員弁中学校  2名   2%  藤原中学校  2名   5%  大安中学校  1名   0.8% 令和3年度、四日市高校旧帝合格者数(現役生のみ)         人数   上位  東京大学   5名   2%  京都大学  12名   6%  大阪大学  12名   9%  名古屋大  24名  17%  東北大学   2名  17%  北海道大   5名  19%  九州大学   3名  20%   以上のデータから分かることは「いなべ市」「員弁郡」に住んでいる中学生で「旧帝」に合格したい人は1学年100人程度の公立中学校に通っているのなら上位1番か2番でなければなりません。四日市高校に合格するレベルであることが前提です。  そして、その四日市高校で「東大」「京大」に合格したかったら1学年320人中、上位の6%(20番)に入る必要があります。「阪大」「名大」でも上位17%(50番)に入る必要があります。   早期英才教育は「百害あって一利なし」  私の塾にときどき 「業者テストを受けて県内8位だったから楽勝で東大でも京大でも合格できますよね」  と言われて入塾を希望される方がみえます。三重県内で大規模な業者テストと言えば「エイスウ」が実施しているものでしょうが、受験者に尋ねると受験者数が県内同学年の1割にも満たないと言います。  だとすると、県内8位と出ても実態は10倍の80番くらいかもしれません。東大や京大どころか、阪大も名大も厳しいのではないでしょうか。もちろん、そこから頑張ってもらえば合格の可能性はゼロではありませんが。  問題は 「自分は賢いのだ」  と勘違いして油断してしまうこと。実際に難関大に合格する人は、以下の3点をクリアしています。 1,校内順位(四日市高校なら50番まで) 2,過去問の正解率(およそ65%の問題が制限時間内に解ける) 3,河合や駿台の冠テストを受けてC判定までに入っている  中学生のご父兄の方で 「うちの子は公文で高校の数学まで終わっています」  と豪語して塾にみえる方がいます。しかし、実際の名古屋大学の過去問を前にすると手も足も出ないことが普通です。  あるいは、 「うちの子は小学校で英検2級に合格しました」  と言って塾にみえる方もいました。大阪大学の英語の問題を見せたら全く手がつけられませんでした。  ところが、その事実を前にしても 「そんな筈はない!三重県統一テストで県内8番で新聞(チラシ)にも名前が載った」  と怒りの表情を見せる方が数名みえました。正直 「めんどうくさい」  と思いました。自分の塾の指導が確かであることを主張するために、思いっきりヨイショをされてきた様子なのでした。  すごい迷惑。私は、そういう“早期英才教育”を受けてしまった生徒の指導は断りたいです。ほとんどの子が自分を賢いと勘違いして傲慢になってしまう。謙虚な心が無い子の学力は伸びないことは明らかなのです。30年以上の指導経験から断言できます。  思い込みの激しい親の子の学力は伸びない。  私は数多くのモンスターペアレントに会いました。共通しているのは「こうすれば必ず学力が伸びる」という宗教のような信念をお持ちな点です。 「うちの子の指導は最初の5分は導入で、その後の30分は・・・」  と、1時間くらい“理想の”指導方法のリクエストを述べられた方がみえました。  あるいは、 「必ず国立大学医学部医学科に合格できる指導プランを示してください」  と、言われる方もみえました。  そういう必勝の勉強方法がこの世に存在すると固く信じているようでした。しかし、そのような勉強方法は存在しません。 「お前はテレビでやっている四谷学院の55段階を知らないのか?」  と、軽蔑のまなざしを向けてこられた方もみえました。

レビュー

まだレビューがありません

子育て・教育

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード