有料記事

夫の自殺から二年

10人以上が購入

令和元年8月、私の夫は自殺しました。 それと同時に私の32年間も亡くなりました。 もう、再起不能だと感じた二年前の夏。 でも、こうして私は生きています。 以前の有料記事を残してから一年以上の月日がたちました。 以前の記事では夫ちゃんが亡くなる 前夜から当時の様子。 そしてその直後の様子を 残しておきました。 こちらの記事は、死別を経験してから 人生が変わってしまった人 生き方を見失ってしまった人 希死念慮が強い人 そして過去の私のように何もかもが どうしたら良いかわからない人に向けて 残そうと思いました。 夫ちゃんの死に方を載せていたり 希死念慮の内容を含むため、 有料記事とさせて頂きます。 本当に必要な人に私の経験談が 届けば幸いです。 私はカウンセラーですが 医師ではありません。 医学的根拠はありませんが 多くの人の著書や論文、そしてSNSを 通して経験者の声をもとに 経験や知識を発信しています。 もっと詳しい詳細や心の分析が 欲しい方は今後も電話カウンセリングで 承りますのでご予約お待ちしております。 夫ちゃんが自殺をしてからの日々は 息をすることさえも難しく感じるぐらい 苦しくて、寝ても寝ても疲れていた私。 あの頃は眠れていたのかもわからない。 同じ場所で同じ死に方をしようと思って 準備もして遺書まで書いた私。 それでも私は今現在生きている。 自分でも不思議です。 よく生き残れたなって。 そう思いながら今も生きています。 一周忌が終わった頃はまだ残っていた希死念慮。 でもね。 三回忌が終わった今、私にはもう希死念慮はありません。 この二年間生き残れた私の経緯を残します。

レビュー

(1)

まだレビューがありません

その他(恋愛・結婚)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード