有料記事

「浮きこぼれた子」が考えていること。

1〜9人が購入

「浮きこぼれた子」が考えていること。  私は高校生の頃は、高校の教師の言うとおりの受験英語を一生懸命に勉強した。名古屋大学に現役で合格したのだから、言われたことをマスターしたと思った。  しかし、まったく英語が使えない。  それで、大学生の頃は大学の語学センターに通いLL教室で学び、ネィティブの先生に英語を習った。  しかし、まったく英語が話せる気がしなかった。  そこで、民間のECCという英会話教室に通い、NHKの放送を聞き、リンガフォンという音声教材を購入して英語を勉強した。  しかし、実際にネィティブの言うことを聞き取ることが難しかった。  結局、私のたどり着いて結論は 「誰かの作ったカリキュラムや教材ではダメだ」  ということだった。私の結論が誰にも通用するとは思わない。単に、私の才能が足りないだけかもしれないからだ。しかし、私は四日市高校、名古屋大学というコースをたどった勉強ができる方の子だった。  私がダメなら、ほとんどの生徒にも使えない方法と言えるのではないだろうか。  それで、結局30歳で英検1級に合格するまで独学をするしかなかった。アメリカに渡り、帰国後はネィティブについて過去問を徹底的にやり、英語で日記をつけ続けた。  数学も同様だ。40代の文系出身だったから、数学Ⅲを習ったことがなかった。それで、オリジナル、1対1、チェック&リピート、赤本をそれぞれ2周ずつやった。  それぞれの教材は、 「これをやれば大丈夫」  というウリで販売しているものだが、そうはいかない。英語の勉強の時に嫌というほど思い知らされたので、 「そんなわけがないだろう」  と思い、自分で納得のいくまでやることにした。Z会も8年間やり続けた。京大模試は10回。センター試験も10回。京都大学の二次試験は7回受けた。  何かのカリキュラムをやれば数学がマスターできるなんて期待していなかった。自分の感覚が一番優先される。 「もう大丈夫」  と思えたのは、 (1)、たいていの問題は解ける気がしてきた。 (2)、京大模試で偏差値60を超えた。 (3)、京大二次試験で正解率が7割を越えた。 (4)、四日市高校のトップクラスの子に質問されても慌てなくなった。  こういう確認作業が済んだら、大丈夫と思えるようになったわけだ。誰かの作ったカリキュラムを完成させたからではない。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード