有料記事

ボクは、18歳のとき、ノイローゼで入院させられた。

ボクは、18歳のとき、ノイローゼで入院させられた。   私は1975年の、名古屋大学の入試の5日前に突然手足がしびれて、自分の勉強部屋でひっくり返ってしまった。そして、そのまま近所のいなべ総合病院に担ぎ込まれ入院させられた。診断名は、「勉強しすぎのノイローゼ」。  そんなことがあるんですね。  自覚症状がまったくなかったのだけれど、精神的に追いつめられていたらしい。それで、考えてみたのだけれど思い当たることはあった。それは、数学の勉強のやり方。  英語や社会などの暗記が主体の勉強は苦痛にならなかったけれど、数学は違った。 「余弦定理を使ってABの長さを求める」  は、分かっても 「あれ、余弦定理はどうして成り立つのだっけ?」  と考えてしまい、入試までに2000題は解かなければならないというノルマがぜんぜん達成できない。その末の入院だから、トラウマが残ってしまった。  それから30年近く数学から離れることになってしまった。それで、大学を卒業後は英語講師として生きていくことにした。 1082年にアメリカのユタ州にあるローガン中学校で教師をして、帰国後に英検1級、通訳ガイドの国家試験、国連英検A級、ビジネス英検A級などに合格した後、夜は自分の塾、昼間は名古屋の大規模予備校や専門学校で教えることになった。もちろん、英語講師として。 ところが、塾生の子たちから 「高校に入学後も、この塾に来たい。高校数学も教えてほしい」  という声が出始めたんですね。地方には高校の内容を指導できる講師がほとんどいません。近くの塾の看板を見てほしい。多くは「小学部・中学部」と書いてあるはず。大規模塾は、高校生を指導できる力のあるベテラン講師は都市部にある本部から離さない。  だから、東進が 「うちならDVDを使って、地方にいても東京の講師の授業が受けられる」 というキャッチフレーズを使ったとき、それなりに説得力があったんです。でも、それもYoutubeで同様の授業が全国どこでも無料で見られるようになったから、もうビジネスモデルとして通用しない。  私も少子化が進み、バブルがはじけた頃に考えてしまった。子供たちの学費は稼がないといけないのに、競争は激化するばかり。もはや、トラウマなんぞと言っている場合ではなかった。  それに、英語も資格英語ではなくて受験英語を求められた。そこで、センター試験を10年連続で受け、Z会の会員になってその添削方法を8年間研究し、河合や駿台の京大模試を10回受け、京大二次試験を7回受けて 「どんな解答が高得点を与えらえるのか」  を研究した。  京大入試の成績開示 平成18年、20年(文学部)    正解率の平均  66%(受験英語) 平成21年、22年(教育学部) 正解率の平均  76%(資格英語) 平成24年、25年(総合人間) 正解率の平均  79%(ネイティブ英語) 

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード