有料記事

アンチ「ドラゴン桜」

1〜9人が購入

  最初に書いておきますが、私は「ドラゴン桜」のファンです。阿部寛さんは素敵な俳優さんです。ただし、塾講師としてドラゴン桜に書かれている勉強法を推奨は出来ません。書かれているような勉強法をしても(他のどんな勉強法をとっても)偏差値が最低だった生徒を1年間で東大に合格させることは100%不可能だからです。  もちろん、原作者の方も分かってみえると思います。原作者の三田紀房さんは明治大学の卒業生です。担当編集者の佐渡島庸平さんが東大文学部の出身だったことから「ドラゴン桜」を描き始めたそうです。  聞きかじりで実際に実証実験をやってもいません。面白おかしく描いて漫画が売れたらいいわけですから、そういう意味では大成功で尊敬できます。しかし、多くの受験生に誤った情報を流しているリスクは指摘しておかないと不合格通知を受け取って人生が狂ってしまう方も出てしまいます。  私は京都大学の受験指導専門でやってきた塾講師です。住んでいる場所が三重県のため東大は距離的に遠すぎて地元の「名古屋大学」か、近い「京都大学」をめざす生徒が多いわけです。私も名古屋大学に進学しました。   長年、京大受験生を指導してきた経験からお話します。京大を受験するような子は、ここ三重県北部で言うと地元の公立中学校(1学年100名程度)でトップ3くらいの子であることが大前提です。そして、地元では最難関の四日市高校に合格すること。その定員300名ほどの四日市高校で上位30位以内(つまり、上位1割以内)でないと京大を受けるのは諦めるのが普通です。  阪大、名大に合格したかったら50位くらい(つまり、上位15%)に入る必要があります。  校内順位だけでは安心できないので、過去問をやってみて正解率が65%(京大のボーダー)を超えて、河合や駿台の京大模試を受けて判定がA、B、Cくらいの子が受験を決意するのが普通です。それでも、倍率は3倍程度なので実際に合格するのは受験生の3割くらいとなります。  ここ三重県北部にも落ちこぼれが集まると言われる高校があります。そういう高校から京都大学に合格したという話は聞いたことがありません。このような現実を踏まえると「ドラゴン桜」に描かれているような底辺校から1年間の指導を受けて7人中5名が合格などというストーリーは100%ありえないと分かります。  実際、私の塾生の賢い子たちは「あんなのありえない!」と笑っております。もちろん、ありえない夢を語るのが漫画や映画の話なので売るためならアリだと思います。  私はアメリカで教師をしていたし、英検1級や通訳ガイドの国家試験に合格している塾講師です。それでも京大受験生の方には信用してもらえないので高校生に混じって京都大学を7回受けて成績開示をしてホームページに載せました。結果は得点獲得率が65%から82%の間を行ったり来たりでした。   京大の英語|高木教育センター (coocan.jp)

レビュー

まだレビューがありません

本・マンガ・映画

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード