有料記事

ペットロスにならないために~動物看護師からの10の処方箋~

 あなたのペットは、あなたの人生のうちの十数年を豊かにするために、その命を懸けてあなたの日々に寄り添ってくれました。愛するペットの天命に感謝することができれば、別れは決して悲劇ではありません。

 まだ、動物看護師を養成する学校もほとんどなかった時代に、私は大学卒業後、医療スタッフとして動物病院に就職しました。実務経験を積んで認定動物看護師の資格を取得し、今日まで約20年ペット業界に携わっています。  昨今、コロナ渦で家族時間が増えたためか、新しくペットを迎える人が増えています。旅行のためにと貯めていたお金を使って、ペットショップでペットを衝動買いした人もいます。  一方、ペットショップ側も、チャンスとばかりに生体価格は上げているのをご存知でしょうか。ペットブーム再来を感じさせる光景です。  私は職業柄、これまでさまざまな飼い主様とペットとの出会い、そして別れを見てきました。  特に、犬や猫は人間にとっての伴侶動物。家族です。一緒にいるだけで、日々たくさんの幸せをくれる存在です。  しかし、私たちは自ずと、その幸せにいつか終わりが来ることも知っています。生き物と暮らせば、いつか必ず「別れ」が待っているのです。  「ペットロス」とは、愛するペットとの離別・死別によって起こる心のストレスのこと。ペットロスが酷くなると、その喪失感や悲しみからなかなか立ち直ることができず、体調を崩してしまったり、深刻化すると心の病にまで陥ってしまうことがあります。  最近では、東京都知事もペットロスを体験されたとのこと。  そう、ペットロスは誰にでも起こりうるものなのです。現に、動物看護師である私でさえペットロスを経験し、その辛さ、悲しさは身に染みて知っています。  しかし、ペットロスの苦しみ、悲しみを最小限にする方法を私は持っています。  できればペットが元気なうちから、可能ならペットを迎える前からぜひ知っておいてほしい、「ペットロスにならないための10の処方箋」をご紹介します。知っているだけで心の準備ができ、ペットロスからの立ち直りも早くなることでしょう。

レビュー

まだレビューがありません

ペット

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード