有料記事

【医学的・薬学的お話】抗がん剤の作用機序と種類

 はじめまして、こんにちは😃中堅看護師「おばちょ」です。  いつも読んでいただき、ありがとうございます。  また、このブログを見つけてくださった方も、ありがとうございます😊  今回は、「抗がん剤の作用機序と種類」について、少し専門的なお話しをしたいと思います。  私の中での抗がん剤のイメージは、癌細胞を直接攻撃して殺してくれる薬、と言うものでした。  しかし調べてみると、細胞を攻撃していると言うよりは、癌細胞の特性を利用して増殖するのを邪魔し、結果的に自滅させる……、と言う印象を持ちました。   抗がん剤の種類によっても、癌細胞に対するアプローチが異なり、もっとも効果を発揮するタイミングも異なるようでした。  自分が使用する抗がん剤が、どのように癌細胞に働きかけているのか、何故投与間隔や点滴時間が異なるのか。  そう言った疑問をお持ちの方にだけ読んで頂きたいと思い、あえて有料記事に記載致しました。 【記載内容】 ・抗がん剤の役割  抗がん剤が、癌細胞にどのような働きかけをしているのか説明しています。 ・細胞分裂の周期  癌細胞も、正常な細胞と同じ過程で細胞分裂しているので、その過程を説明しています。 ・抗がん剤のグループ分け  抗がん剤の種類ごとに、どのような特性があるのか説明しています。 ・濃度依存性と時間依存性  抗がん剤の効き方と、細胞分裂中の癌細胞に対して、どの分裂期に有効性があるのか説明しています。

レビュー

まだレビューがありません

その他(ライフスタイル)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード