有料記事

【無料】少し楽な生き方【楽ってなに?】

■ そもそもの話、楽ってなに?

辞書の定義を転記して語るつもりはありません。

僕がサポートすることでみなさんに感じてもらえる範囲での楽の定義を語ります。

楽っていうのは、ざっくりいうと苦しくないってことです。

痛みだったり苦しみだったりを表情や顔に出さず、それでいて腹に抱えたりもしない。

そんな感覚が楽です。

そう思いませんか?

■ マジメに仕事してたら楽になんてなれない?

そんなバカなことあるかーい!

楽に仕事できなきゃ、ミスばかりの低品質に成り下がるじゃろが!

僕は難しい仕事もしますが、その全てを楽にこなせるようにしてから動きます。

仕事における楽というのは、どれだけ単純かということです。

個数の大小ではありません。

単純にできないところでは必ず予定に狂いが生じます。

なので、僕は単純化してから行動します。

■ 使えるモノは使え!

お仕事はヒトモノカネを基本資源として進めるものです。

なので、同じ仕事をこなすのにも、少ない資源でこなせた方が楽です。

特に少なくすると良いのが、ヒトです。

少ないヒトで出す成果は凄まじいエネルギーを必要とします。

そのエネルギーをどこから調達するかというと、カネを使ってモノを揃えることで調達します。

そうは言っても、調達できないこともしばしばあります。

そんなときのために、過去の自分の成果物をモノとして活用することをオススメします。

書き留めたノート、学んできた義務教育内容、身に付けてきたスキル。

何だって良いです。

過去の自分は環境が変わっても裏切りません。

だからこそ、未来のために準備をしておくのです。

とはいえ、現場環境の縛りによって過去の遺産を使えないこともあります。

■ 最強に使えるモノ

環境の縛りに関係なく使えるものがあります。

それが「知恵」というものです。

モノが無いなら作れば良いじゃん。

僕は物理的な資源については現地調達を基本としています。

んで、去る時はその調達したものをその場で廃棄します。

でも、どの現場でもだいたい同じ仕事ツールを構築して対応します。

知恵というのは最強のモノですが、普段から楽しようと考えていないと出てこないモノです。

つまり、そういうことなのです。

準備が大切なのです。

■ まとめ

楽ってのは、苦しまないで済むことです。

そして、楽に仕事するには単純化する必要があります。

単純化して少ないヒトでこなします。

少ないヒトでこなすには大きなエネルギーが必要です。

大きなエネルギーを生み出すにはモノを使います。

モノは、カネで揃うものの他に、過去の遺産や知恵で構築します。

中でも最強のモノは「知恵」です。

知恵は最強なのですが、使えるようになるまでに時間がかかります。

時間がかかるので、日頃から知恵を出す練習をしておきましょう。

次回は知恵の出し方について説明していこうと考えています。

あ、下に有料エリアがありますが、大して意味のないことを書いてるだけです。

まぁ、応援していただける方は投げ銭感覚で購入していただいてもOKです。

銭は無いけど何か反応をいただける方、お気に入りに登録してくれるだけで嬉しみが極まります。

それでは、また次回お会いしましょう。

レビュー

まだレビューがありません

資格・スキルアップ・仕事術

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード