有料記事

測尺から消す馬&推す馬/社台2021年募集~ダートで面白い馬ほか新事実が発覚

10人以上が購入

(1)この記事で取り上げている募集馬

「フォルトの20」、「イルミナントの20」、「サンタエヴィータの20」、「シーティスの20」、「フリアアステカの20」、「ソーマジックの20」、「コッパの20」、「ノッテビアンカの20」、「シアードラマの20」、「ハラペーニョペパーの20」、「ザレマの20」、「カジノブギの20」、「ハシッテホシーノの20」、「ヴゼットジョリーの20」、「エミーズスマイルの20」、「ジュエルオブナイルの20」、「ロングホットサマーの20」、「マルバイユの20」、「アラドヴァルの20」、「ターフドンナの20」、「アルーリングライフの20」、「リリーオブザヴァレーの20」、「ダイワミランダの20」、「ダイワレジェンドの20」、「アーバンレジェンドの2020」

※社台&サンデーサラブレッドクラブ2021年募集馬全頭の「新・測尺評価法」による評価資料を巻末に付けています。

(2)測尺で馬の適性や種牡馬成功の可否が見えてくる

「新・測尺評価法」で評価した測尺を並べてみると、種牡馬ごとの特色がはっきりと浮かんできます。 ディープインパクト産駒、ハーツクライ産駒、ドレフォン産駒などなど。 そこから、種牡馬の産駒の【早熟/晩成】の傾向や、【芝/ダート】の適性、はたまた種牡馬の【成功/失敗】予測などもおぼろげながら見えてくるのです。 社台・サンデーの各サラブレッドクラブ募集馬の全頭の測尺評価表を今年、初めて作成しました。 一日中、電卓を叩く慣れない作業で、正直、エネルギーを使い果たす疲労感がありました。 しかし、苦労した甲斐がありました。 去年まではカタログやDVDを見ていると、カタログの文字や動画に目を奪われて、たくさんの情報に振り回されるだけだった自分がいました。 ところが、情報を測尺だけに絞ると、ぼんやりとした輪郭であったものが、焦点(フォーカス)が一点に集中されて、はっきりと全体像がシャープに見えてきたことは、自分でも驚きでした。 詳しくは、以下の有料記事もご覧ください。

(3)「「新・測尺評価法」とは」と(4)「測尺で将来性を占う」の2章は、先に公開した有料記事 「【ドナウブルーの20】【ドレフォン産駒】【巨漢馬】測尺からわかった新事実/サンデー2021年募集」 と重複しています。 すでにこの記事をご購入された方は読み飛ばしてください。

(3)「新・測尺評価法」とは

「新・測尺評価法」は、その馬の体高・体重を客観的な数値で、平均値よりも高い(プラス)か低い(マイナス)を評価したものです。 私たちが主観で募集馬を(大きい/小さい)(背が高い/背が低い)と感じるのではなく、データから科学的に評価するという内容のものです。 ぜひ、馬選びにご活用ください。

(4)測尺で将来性を占う

この記事の目的は1つです。 このたび発表された社台サラブレッドクラブ2021年募集馬の測尺をもとに、募集馬の将来性を考えよう、という企画になります。 クラブが発表した測尺だけを眺めていても埒(らち)が明きません。 馬ごとに生まれた月日や日齢、性別が異なります。 早生まれ、遅生まれがあり、1月生まれと5月生まれとでは、人間で言えば1歳以上の開きがある。 これを一律に比較して大きい、小さいと言うのは厳密ではありません。 そこで、同じ性別、同じ生まれ月、同じ日齢の馬の測尺平均値と比べてみて、プラス・マイナスを評価しようという趣旨になります。 これを「新・測尺評価法」と名付けました。 具体的な測尺評価は巻末に一覧表を添付しましたので、参考にしていただければと思います。 計算方法については、以下の記事を参考にしていただければと思います。 なお、この記事で扱う測尺は体高と体重になります。 理由は胸囲と管位はJRAの資料がないためです。

レビュー

まだレビューがありません

その他(趣味・レッスン)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード