有料記事

吃音症の克服①

1〜9人が購入

私は2年間、 ヨガインストラクターとして働いたが 人前に出る仕事をするには、 大きな課題を克服する必要があった。 それは吃音症。 吃音症には色々症状がある。 例えば、 「アイス食べたい。」 と言いたいとき、 「ア、ア、ア、アイス食べたい。」 と最初の人文字を繰り返す場合。 「、、、、、っアイス食べたい。」 最初の人文字がつっかえて 出ない場合。 私は主に後者だったけど、 前者の場合もあり症状は その時々だった。 今はほとんど普通に話せる為、 大人になってから出会った人は 私が吃音症で悩んでいたことは 知らない人も多い。 それでも、緊張する場面では 出てしまうことがある。 だから大勢の前で一人で話すような 場では吃ってしまわないかという 不安が助長して、 結果吃ってしまうことが多かった。 結婚式の友人代表スピーチも 頼まれたときは本当に緊張した。 友人に恥はかかせたくないし、 私が吃音症なことも知らなかった。 (普段は吃ることが少ない為) なんとか吃らないように。 その一心でスピーチしたことを 覚えている。 普段はほぼ問題ないけど 緊張したり人前だと出てしまう。 これがインストラクターを 目指した私には、 とても大きな越えなくてはならない 壁となった。 そもそも それを分かって応募した。 コンプレックスを克服したい。 克服して乗り越えたい。 それが出来るチャンスでもある。 私にとっては無謀な挑戦が インストラクターだった。 吃音症については 色々な症状や原因があるし 私にとっても大きなコンプレックス。 そして乗り越えた方法も自己流。 正しい方法かもわからないし 勝手なことは公開では書けない。 吃音症に悩んでる人や 読みたい方だけお願いします。 吃音症を発症した原因。 吃音症で苦労したこと。 吃りが出にくくなる話し方の方法。 暗い過去だし、 私が経験したことを詳しく書くので 読んだ人によっては 〇〇ちゃんじゃない?となるので 有料記事制限させていただきます。 吃音症になったのは3歳。 私は言葉を話し始めるのも早く 明るくおしゃべりさんな子供だった。 家には、父と母。 そして体の不自由な祖父の 4人暮らしだった。 ほぼ4人しか家にいない生活。 それがある日大きな変化のある 1日があった。

レビュー

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード