有料記事

努力ができない自分への無価値感

落ちる瞬間

感情がすぽっと突然 「ダメだ」 と感じるポケットに入ってしまう瞬間が人生には存在する その瞬間が来るのはひょんなタイミングで 朝起きた瞬間 本を読んでいたり お茶をしている時 一人で道を歩いてる時 よく『魔がさす』という言葉があるけれど これは、自分の中で「悪いこと」と 分かっているにも関わらず、ついついその悪いことをしてしまうということだけれど、 自分の気持ちが落ちる瞬間というのは ソレと似たようなところがある 一生懸命生きてきた、それなりにやりがいや充実している時だってあった人生なのに、だけど… 生きてきた自分自身に対しての労いや感謝よりも、何故か罪悪感や虚しさを感じてしまう 誰でも体験するようなこの瞬間 そして、誰でも経験するから 「大したことじゃない」 とやり過ごしていく内にいつのまにか 本当にダメで、這い上がれないと言う精神状態にまで持って行ってしまっていて、自力では戻れなくなる人がいるのも事実 ワタシがそうでした 「自分もうダメだ」って、感じる瞬間は少なからず人は経験している 自分をそこまで肉体的、精神的に追い詰めてしまう人と、そうでない人 または、そう思ってもそこまで自分を追い込まない人の違いはどこにあるのか 精神的に追いこみ病んでしまう人にはいくつか特徴があります

レビュー

まだレビューがありません

その他(キャリア・人生)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード