有料記事

学校に行かない,行けないお子さんの居場所3つ

こんにちは ツナカン です。 公認心理師として 不登校のお子さんや 子育てに悩む親御さん 学校の先生方 の応援をしています。 令和元年度の文部科学省の調査によると 全国に約964万人いるお子さんのうち 約25万2千人もの数の不登校がいるとされています。 比率でいうと約2.6%に上ります。 イメージでいうと 学級に一人は不登校 といった状況です。 子どもが不登校になってしまった場合 学校以外でどこに子どもを行かせればいいの? という保護者の方の悩みは大きいものです。 またお子さんも 学校に行きたくないけど,家にいるだけじゃいけないのはわかってる という考えていることもあります。 今回は, そんな親子の悩みの解決のために 学校に行けない,学校に行かない,お子さんの居場所3選 についてお知らせします。 これを読めば学校に行かない,行けない悩みを軽くして 次のステップを踏み出すための材料が得られるはずです。 学校に行かない,行けないお子さんの居場所3選 最近では,不登校のお子さんの居場所は徐々に増えています それが以下のような場所です ①民間のフリースクール ②適応指導教室 ③放課後デイサービスの日中預かり それぞれについて私が知っている範囲で 主観をまじえながら説明していきます。 またそれぞれに対応するニーズが微妙に違っていますので それもあわせてご紹介します。 民間のフリースクール こんなお子さんにおススメ ・融通の利いた生活リズム・待遇をしてほしい ・登校意欲が低い メリット ・企業努力が期待できる ・はば広い年齢層を受け入れてくれる ・義務教育は適応指導教室と同じく出席あつかいになる デメリット ・利用料がかかる ・フリースクールごとの特色の差が大きい ・数が少ない 民間といっても, 主に非営利団体つまりNPOが主催しているところが中心です。 運営的には楽ではないところも多いようですが それでも熱意を持って子どもたちの支援に当たっていると思います。 そもそも運営が楽でないような事業をやるくらいですから 行政以上に熱意がなければなり立たないと思います 民間であるがゆえに縛りもあまりなく 独自の取り組みをしているところが多い印象です。 また受け入れの時間帯も長く 受け入れてくれる年齢層も広い傾向です。 知人のフリースクールでは お子さんの特性に合わせた支援が行われて 有名大学に進学したケースもあります。 しかし利用料がかかりますし、金額もフリースクールによって異なります。 またフリースクールはまだまだ数が多くはありません。 近年では義務教育であればフリースクールに通うことで 出席日数にカウントされることも増えてきています。

レビュー

まだレビューがありません

子育て

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード