有料記事

株トーク 5月26日・225先物/テクニカルポイント【戻り歩調をたどる理想的なチ

【戻り歩調をたどる理想的なチャートの形は、ここが正念場】

5月24日週、26日の東京株式市場・展望 225先物の展望、テクニカルポイント 225先物に関するコメント・24日週、26日 ※注3 MA⇒移動平均線の略 夜間取引は反落も、安値は5日移動平均線を割り込まず、踏み止まった。 28400円台で踏み止まり、28500円台を前場中にも回復できるなら、巻き戻しのスピードはさらなる戻りを意識した展開になるかもしれない。 先ずはVWAP値付近の28500円台をクリアし、25日高値を奪回できるかどうか、28500円台では強弱対立が意識されやすい水準だ。 ただし、本日の値動き、着地点としては、清算値で28500円を上回って終了が必須事項と考えている。 下値模索するような流れとなり、5日移動平均線を割り込んで終了すれば、27日夜間取引以降のチャートの形に不安を覚える可能性は高まってくる。 14日に底を打ち、戻り歩調をたどってきた中で、見た目にも復活期待のチャートを描いてきた。 チャートの形を重視する上では、ここが正念場と考えている。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード