有料記事

元ナース、現フリーランスのベビーシッターの私がお伝えできること①

はじめまして。日奈子と申します。 私は看護師として、病棟勤務を経て、出産後は訪問看護ステーションに転職、現在はフリーランスのベビーシッターと家事代行の仕事をしています。 年齢は30代で、保育園児の子どもが一人おります。 看護師として特別秀でているわけではない、 体力も年々落ちてきて自信もない、 子育ても自分の時間も大切、 フルタイムで働くのはしんどい。 そんな私が、フリーランスとして働くという道を見つけ、同じような、子育て等で時間に縛りがある人、転職サイトを見ても自分の働きたい条件にマッチしないと感じている人に、選択肢の一つとしてお伝えできればと思っています。 「シェアリングエコノミー」という言葉を聞いたことがありますか? 現在、モノやスキルをシェアできるマッチングサイトがたくさんあります。 私もそういったマッチングサイトを利用した働き方をしています。 私は子育てしながらフルタイムで働くのが難しくなったとき、 「無理のない時間帯で、地域の赤ちゃんのお世話やお母さんのサポートができたらいいなぁー」と考えていました。 しかし、届け出はどうすればよいのか?法律の縛りなどあるのか?全く分からず、誰に聞けばいいのかも、調べても分かりませんでした。 しかし、現在はマッチングサイトを利用することで、私の思い描いていた働き方が出来ていると感じます。 もちろん、メリットばかりでなく、収入が安定しない、仕事の依頼数に変動がある、等のデメリットもあります。 まだまだこうした働き方は知らない方が多いと感じるので、私のささやかな経験談ではありますが、実際のところを綴っていこうと思います(^^)

子育て中で時間に縛りのある看護師さん。フリーランスで働いてみるのはいかがですか?

現在保育園児の子どもを育てていますが、まぁまぁ登園拒否があります(^^; 私も毎日同じ生活は苦痛な方なので、「週5で保育園って疲れるよね。」とひそかに共感してしまいます。 以前訪問看護ステーションでフルタイムで働いていた頃、ちょうど子どもが登園を渋るようになってきて、毎日「遅刻するー( ;∀;)」とテンパる気持ちと、少々仕事に疲れぎみだったものですから、行きたくないとごねる子どもに対して「ママだって行きたくないわ!!」と逆ギレしてみたり、なかなかカオスな状態でした。 結局、心療内科を受診し、適応障害ということで退職することになりました。 1か月弱仕事をしない日々を過ごすと、だんだん「暇だなー」とまた働きたくなってきました。 心療内科の先生にも、「一度こういう状態になった人は、次はもう少し働く時間や日数を減らした方がいいですよ」と言われていましたし、実際フルタイムでは疲れてしまっていたので、緩めに働きたいと思い、看護師の求人を見ていました。(だって看護師の経験しかないからw) でも、なかなかちょうど良いところがないのです。 子どもが登園を渋ると、9:30くらいにようやく送り出せるという状態で、場合によっては別居の母親に預けに行くことも。しかも、子どもは朝機嫌が悪いことが多く、私も保育園に行かせるため、なるべく食べたいと言ったものを朝食に準備したり、遊びたいと言われたら相手をして、とにかく子どもが無事保育園に行けるまで、ゆっくり朝ごはんも食べれないことも( ;∀;) でも、本当は人間として、お腹が減ってからゆっくり食べたいものを食べて、それから仕事に向かうゆとりが欲しかった。 そうなると、8:30や9:00始業の仕事は難しいし、午後からの仕事だと終わるのが18:00以降とかで保育園のお迎えに間に合わない。 かといって夜勤も嫌(笑)。夜は布団でゆっくり寝たいですし。 そう思うと働ける案件なんてなくて、でもまた適応障害になるのも嫌なので、どうしようかなと思っていました。

レビュー

まだレビューがありません

子育て

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード