有料記事

留学の費用

英国の私立全寮制小学校から留学した場合の費用はい幾ら?

英米に留学するタイミングは8歳と14歳の2度です。3度目が大学入学ですが高校まで日本の教育を受けていると合格ができない可能性が高いと思われます。名門中高一貫校の成績優秀者ですら不合格になっているようです。 根本的な原因は本人の英語力に加えてNeed-BasedのFinancial Aidを申請して応募してしまったことが主因だと推測されますが、考えても見ればアメリカのトップ私立大学に入学を希望するアメリカの富裕層は掃いて捨てるほどいます。彼らにしてみれば高額の学費を払って国内の一流私立高校まで行かせた我が子が不合格になり「格安学校を出た日本人」が合格したとなれば心穏やかでは済まないでしょう。そういった「空気」がアメリカの名門の私立大学に無言の圧力を掛けているのかもしれません。 もう一つの考えられる原因は書類の不備かもしれません。School Profileを提出していないのではないでしょうか? あるいは日本の名門中高一貫校生がアメリカのトップ大学に合格できない決定的な原因は皮肉なことにSchool Profileを提出したからかもしれません。提出した事が逆効果になっているのでしょう。 何故なら標準的なSchool ProfileにはStudent Teacher Ratioが5名、1クラスの平均人数が12、教員の23%が博士号を持ち66%が修士号を持っているというように教育の質が瞬時にわかるようなデータが詳細に書かれています。日本の学校が同じように書いたならば一瞬で教育の質の悪さが露呈してしまいます。 将来アメリカのトップ大学に入ろうとするなら日本の名門中高一貫校に入るのは余り意味がなさそうです。 そうは言っても先立つものはお金。先ずは1回目のタイミングである8歳からイギリスの全寮制小学校に留学し高校3年まで10年間イギリスで勉強を続けた場合の費用総額を計算してみます。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード