有料記事

ありさんの紫微斗数から見た学年の特色 10通り

1〜9人が購入

欽天四化紫微斗数で見た、学年ごとの特徴、特色について

この記事は、学年の特徴、特色を10通りに分けて書いたものです。 学校の先生、塾の先生、学年ごとの集団に接する方たちでしたら、学年ごとの空気感の違い、男女の役割の違いなど、感じておられるかと思います。 その学年の特色について、欽天四化紫微斗数からみた分析を踏まえてまとめたものです。 この記事が人さまの理解、集団の理解につながればと思って書かせていただきました。 あなたの自己理解、他者理解の助けになれば幸いです。 また、紫微斗数がどういうものか、少し切り口が他と違う記事かもしれません。 お読みいただいて楽しんでいただければとも思います。 これだけ個性が違えば、ドラマ作れるのではないかなとか思ったりもします(*^-^*) 皆さんは、ご自身の十干(じっかん)をご存じですか? ご自身がお付き合いしている人たちがどの十干かわかりますか? 十干とは、十干十二支(じっかんじゅうにし)の十干。 きのえ、きのと、ひのえ、ひのと、つちのえ、つちのと、かのえ、かのと、みずのえ、みずのと (漢字で書くと、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸 です) 例えば、甲(きのえ)年は1974年、2004年など、西暦で1桁目が「4」である年になります。 ひのえうま、など、十干十二支を組み合わせた言い方を聞いたことがあるかなと思います。 あなたの十二支は御存じでしょうが、十干は何でしょうか? 紫微斗数では、生年月日と出生時刻で鑑定を行いますが、 生年月日は旧暦になります。 ですので、年によって違うのですが、多くの年は2月の初旬~中旬が境目となります。 紫微斗数鑑定では、來因宮と來因宮からの4つの生年四化などで鑑定します。 來因宮から発射される生年四化ですが、この生年四化がつく星は、十干によって決まってきます。 いいかえれば、年によって同じ星に生年四化が付いているので、性格も似てくる傾向があります。 生年四化ですが、4つの星のうち、通常は男性の星が2つ、女性の星が2つとなります。 ただし、丙(ひのえ)は男星3つと女星1つ。 癸(みずのと)は男星1つと女星3つ。 少し他と違う配分になります。 同い年の男性同士、女性同士は、ある一定の性格を持っているともいえるかと思います。 そういえば、なんですが、学年による傾向、特色ってありませんでしたか? この学年、なんかトラブル多いなとか、すごく盛り上がる学年だとか。 ノリがいいとか悪いとか。女子が仕切るとか、男子が仕切るとか。 あれって、このことだったと思うのですよ。 早生まれさん(2月後半や3月生まれの人)は、自分より一つ上の学年になるので、そこに影響を受けることになり、集合意識として、どうしても多い人たちに左右されやすくなります。ですので、早生まれさんは自分自身の十干と学年の十干を両方参考にしていただければと思います。 なお、紫微斗数では旧暦を採用していますので、年により違いますが、早生まれでも前の年生まれとなることがあります。知りたいとのことなら、アメブロのメッセージ等でありさんまで質問してくださるか、旧暦を調べるサイトがいくつかありますので、検索したらわかります。 以下、10通りの学年の特色について書かせていただきます。 公式ラインの友だち追加のお礼に書いていた「学年カラー」を10年分合わせて、編集したものになります。 10通りですので長くなります。 ご自身のところから、知りたい学年のところから読んでいただければと思います。

レビュー

(3)

まだレビューがありません

その他(占い)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード