有料記事

イヴニングストラテジー・21日【今晩のNY株式市場・展望/本日の東京まとめ】

【寄り付きに反発ムードも、その後はセルインメイ意識の手仕舞い売り優勢か】

様子見ムードが強まる展開、ロビンフッダー主導?でセルインメイに備えた手仕舞い売りを想定 21日のNY株式市場は、一転上昇に転じる展開をオープニングで繰り広げるかもしれない。 しかし、モメンタム性の強いラッセル2000がマイナス圏で推移すれば、投資家心理の慎重スタンスが意識され、引けにかけて様子見ムードが強まると想定。 ワクチン接種に絡んだネガティブな報道よりも、セルインメイを意識するとみており、買い戻しを入れる動きが一巡すると売りに押されるだろう。 リスクオフを意識するほどネガティブな材料はないものの、Netflixの決算結果を機に利確を急ぐ動きが強まるとみており、果敢な高値更新狙いはないとみている。 ラムリサーチ、SLMコーポが決算を発表予定、ネガティブサプライズはないとみるも、もう一段かう手掛かりには乏しく、明日のIntel決算発表に身構える可能性が高い。 Netflixの決算も決して悲観的な内容ではなく、重箱の隅を楊枝で洗うようなもの、ホントのネガティブサプライズであれば、アフターの終値も10%超えるマイナスだったはず。 定額利用者のコンセンサス比60%サプライズで8.8%安にとどまっているなら、いずれ仕切り直しにかかってくるだろう。 ただし、今はポジティブなリスク選好姿勢を取る季節でないと、自覚するプレッシャーがかかりやすい状況である。 オープニングこそ、反発ムード強まったとしても長続きしないと考えている。 いくらロビンフッダーでも、手仕舞い売りに転じているのではなかろうか。 ラッセル2000があまりに心許ない値動きである。 21日の欧米市場・注目イベント、予定(赤は要注目) 米国週次EIA石油在庫統計(23:30) (注目企業決算・米国) Halliburton、Verizon、Lam Research、SLM Corp 先物動向 16時20分現在 ダウ工業株指数 +35.00 S&P500 +2.25 ナスダック100 -34.50 WTI 62.51 -0.16 -0.26% ドル円 108.05-06円 225先物 28575円【225・大証】16時31分現在 株トーク マーケットストラテジスト 坂口隆信 https://www.kabutalk.com/ この投資情報は、投資勧誘を目的としたものではありません。 また、文中に使用されている言葉、数字等は万全を期してはおりますが、その正確性に責任は負いかねます。 銘柄選択、投資時期等の最終決定はお客様ご自身でご判断なさるよう、お願いいたします。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード