有料記事

あなたの体調不良はカンジダ菌のせいかも

カンジダ菌とは・・

カンジダ菌っと言うと、一般的には膣カンジダなどを思い浮かべる方も多いかと思いますが、実は口の中、消化管、腟に常に生息している日和見菌なんです。 赤ちゃんの時に口腔内にカンジダ菌が増殖すると鵞口瘡(がこうそう)と呼ばれ、歯茎などに白いミルクかすの様なものが着いて、昔は紫の粉を振りかけられました 消化管(食道)にカンジダ菌が増殖すると、胃カメラなどで確認ができ、粘膜が白くぷつぷつとなっています。 膣カンジダ症は、カッテージ状のかすが出たり、痒かったりヒリヒリしたりしますよね? カンジダ菌は真菌の一種ですが、増殖の原因は ステロイドの投薬や、ピル、免疫力低下により発生しやすくなります。 これらは、目に見えた形でカンジダにやられたぁ~ っと 確認する事が出来ますが、 腸管カンジダ症(小腸)だけは、なかなか気づく事が出来ないのです。

腸管カンジダ症ってどうしてなるの?

腸管カンジダ症も原因は同じで、何かにつけ抗生物質を投与されていたとか、ピル、ステロイドの投薬や、免疫力低下が関係していますが、最大の原因はストレスだったりします。 誰しも、ストレスを感じているとは思いますが、ストレスにより腸内環境が悪くなる人は要注意! 小腸のヒダに隠れていたカンジダ菌が腸管粘膜に蜘蛛の巣を張るように菌糸を伸ばして広がっていくのです

レビュー

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード