有料記事

超越術性秘伝 「クンダリニー覚醒マニュアル」

本書では、世に伝わる覚醒奥義の中でも秘技中の秘技である「性エネルギーの解放による覚醒」を伝授する。 鼻から毛嫌いする人もいるが、神秘行を行うにあたり、性エネルギーは避けては通れない道である。 仙道でも気の力を強めていくために「精力を漏らさぬこと」がことさら重要に説かれているし、性技術を応用した仙道「房中術」だってある。 また、ヒンドゥー教にも性欲を昇華させた「クンダリニー」があり、チベット密教ではそのクンダリニーに似た「ゾクリム」がある。 後に説明するが、実は東洋思想だけでなく「魔術」にも性を扱った術法がある。 しかも東洋のものよりもバリエーションが豊かであったりするから驚きだ。 その中でも特に悪名高いのが「魔術師 アレイスター・クロウリー」が伝える術法たちである。 魔術界ではいささか異端と見なされることもある彼だが、その中に真理も多く、東洋思想を学ぶ我々にとっても刺激となるものが多い。 話が横道に逸れたが、そんな中でも特に有名なのが先ほどご紹介した「クンダリニー」ではないだろうか。 クンダリニーは、宇宙にあまねく満ちている根源的エネルギーである「プラーナ(生命力)」の、人体内における名称のことを言う。 クンダリニーを覚醒させられると神秘体験をもたらし、完全に覚醒すると解脱に至ることができるとされている。 こんな魅了的な出来事が人体の中で起こる可能性があるわけだから、あの「オウム真理教」も躍起になってクンダリニーの覚醒に努めていた。 水中で息を止め続ける「水中クンバカ」や、何リットルもの塩水を飲んでは吐き出すという「ガージャカラニー」など、人体の限界を超えることで、クンダリニーの覚醒を、そして解脱を目指していたというわけだ。 潜在的にも、このような「性エネルギーの昇華」に興味を持つ人は多いのではないだろうか。 世間に多く出回っている、クンダリニーの覚醒方法は、呼吸法や瞑想法などで到達させる方法である。 しかしこれも多くの人が試してみて分かったことであると思うが、実際にクンダリニーの覚醒に至った人は少ないのではないかと思う。 人は生命の根源的なエネルギーである「性」を意識的に遠ざけているかもしれない。 だからどうしても呼吸法や瞑想法に頼る形になってしまうが、効果を得るまでに挫折してしまうことが多いのも事実である。 本書は、クンダリニー覚醒のメカニズムを解明した、ほとんど唯一のマニュアルになっているはずである。 実際にあなたは、クンダリニー覚醒の有効な書籍を持っているだろうか? それは簡単には見つからないはずだ。 あなたが、性エネルギーを解放して別次元への扉を開くことを目標としている場合、本書はまたとないチャンスになるはずだ。

レビュー

まだレビューがありません

その他(占い)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード