有料記事

我が家流 落ちこぼれないための中高一貫の数学の進め方

中高一貫校の数学の進め方(我が家流) 中高一貫で落ちこぼれなく数学を高校3年までついけいくには、どうしていたか?について、私のこどもがしていた日常について書いた記事です。 都立大学合格しましたが、学部学科で多少偏差値がちがってくるので、全部の学部学科に通用する内容ではないかもしれません。 ただし、二次試験に数学IIIまでの内容を含む試験があったので、多少は、参考になると思います。  さて、難関の進学校の中高一貫に通わせている、これから進学予定の方はのぞいて、レベル的には、学校が中からその下あたりの中高一貫校なら参考になるかもしれません。そして、お子さんが中学に進学する段階で、算数の四則計算が得意で早く正確に解答できるお子さんなら、これから書く記事は、参考になるかもしれません。計算が早く正確にできるということは、時間制限あるテストで問題の式までたてることができれば、計算の早い子は、時間の短縮になりより多くの問題が解けるので、それだけ有利になるからです。  中学入る段階で、四則計算が遅い、計算ミスが多い子は、大学の受験に向けて先取りする体系数学を予習する前に、まずは、基礎固めの算数を中学入る前の春休みに練習しておくことをおすすめします。    また、算数得意な子でどんどん自分で先取りできるお子さんなら、必要のない記事です。  中学受験が終わり進学先の中高一貫校が決まったお子さんで、四則計算がまあまあ早いという方は、以降の記事を読んでくださると幸いです。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード