有料記事

レンズの働きを学ぶ。「照射式顕微鏡」を作ろう(5・6年生~中学生向け)。

レンズの働きが理解できる「照射式顕微鏡」の製作(小・中学生向け)

ボクが子どもの頃顕微鏡が好きだったのは、 本当に科学の研究をしているみたいで、すごくカッコいいと思ったから。 でも、学校にある顕微鏡はどれも透過式だから、試験体を薄くスライスして光が透けないと、ちゃんと見れなかったんです。 ダンゴ虫の腹とか、クモの毛もじゃな胴体とか、大きくして見たかったのに、黒い影にしかならなくて悔しかったですね。 そこで、透過式でなく、照射式の顕微鏡を考案してみました。 ぜひ子供たちに顕微鏡づくりに挑戦してほしいと思います。 ボクが試作した顕微鏡で、たとえば、こんな拡大像を見ることができます。

これって、何かわかりますか? 皆さんの身近にあるものです!

もうちょっと、引いてみましょうか?

もうおわかりいただけたでしょう。 1000円札の野口英世先生の左目です。 きれいな目だけど、なにか吸い込まれるような、 不思議な力を感じるファンタジックな目ですね。 拡大したからこそわかる新鮮な体験です。 お子さんたちにも、拡大したモノの世界の面白さを味わってほしいのです。 たとえば、台所の塩コショウ調味料。

花瓶に挿してあった花の花粉。

顕微鏡の図面は次の通りです。

上の図面の顕微鏡は、ホームセンターで材料がそろいます。 詳しい作り方と、学習のポイントを有料記事にまとめてあります。 A4判・PDFファイルで17ページの解説書(PDFファイル)になります。 ご購入ご検討ください!

レビュー

まだレビューがありません

その他(子育て・教育)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード