有料記事

イヴニングストラテジー・23日【今晩のNY株式市場・展望/本日の東京まとめ】

【東京エレクトロンが上昇、ナス踏み止まれば浮上の芽も、好材料は使い切った状態】

ナスダックの騰落動向に注目、手掛かり材料なく、唯一8035・東京エレクトロンの踏ん張りが下げ渋るサインの可能性 23日のNY株式市場は反落、小幅安に踏み止まるなら、東京エレクトロンの上昇が鏡となって、米ナスダックの踏ん張りに期待ができるだろう。 一方、原油価格は時間外取引で軟調推移、米債10年物利回りは上がる気配もなく、1.66%台で低迷しているにもかかわらず、NY主要3指数揃って先物はマイナス圏での推移となっている。 特にこれといった手掛かり材料も不在の中、需給主導で売り込まれることも念頭に置くなら、想像以上に売り需要にぶつかるかもしれず、不思議な展開に苦しむ可能性もある。 したがって、仮に半導体SOX指数が上昇したとしても、全体の売り需要を吸収するほどポジティブな要素は期待できず、あっさりと反落に転じるものと考えている。 反転の機は、インフラ中心とした長期経済政策の300兆円規模が話題となっており、米国時間で材料視されるか注目している。 仮に材料視されず、ただ一方的に売り需要に押される展開の可能性もあり、テスラモーターズは目標株価3000ドルにもかかわらず、引けにかけて失速した。 積極的なリスクオンは期待できず、マイナス圏での推移を心しておき、上記で述べた東京エレクトロンの上昇力にみる半導体SOX指数のポジティブな値動きに期待したいところだ。 NY市場は反落、市場別の騰落率が揃っての下落となれば、全体の売り需要と警戒感が高まると想定。 注目度高いイベントは2年物国債の入札、結果次第で為替や先物へのインパクトが大となる可能性も。 パウエルトークにプットは期待できず、むしろ炎上発言で妙な火が点くかもしれない。 23日の欧米市場・注目イベント、予定(赤は要注目) 米国10-12月期経常収支(21:30) 米国2月新築住宅販売件数(23:00) 米国3月リッチモンド連銀製造業指数(23:00) 債券入札 米国2年物国債(26:00) プラード・セントルイス連銀総裁 講演(22:00) パウエルFRB議長 議会証言(下院金融委員会 25:00) ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁 発言予定(27:45) ブレイナードFRB理事 講演(24日4:45) ブラード・セントルイス連銀総裁 発言予定(24日5:20) (注目企業決算・米国) Adobe 先物動向 15時53分現在 ダウ工業株指数 -70.00 S&P500 -10.00 ナスダック100 -55.00 WTI 60.89 -0.67 -1.09% ドル円 108.70-71円 225先物 28851円【225・CFD】16時05分現在 株トーク マーケットストラテジスト 坂口隆信 https://www.kabutalk.com/ この投資情報は、投資勧誘を目的としたものではありません。 また、文中に使用されている言葉、数字等は万全を期してはおりますが、その正確性に責任は負いかねます。 銘柄選択、投資時期等の最終決定はお客様ご自身でご判断なさるよう、お願いいたします。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード