有料記事

3月22日週、22日のマーケット展望【20年度型と21年度型以降の過渡期、225

【20年度型と21年度型以降の過渡期、225は対象外の勇気も必要】

21年3月22日週、22日の東京株式市場の展望をテキストと動画で解説いたします。 【3月22日のマーケット展望・ライブ動画のURLは、メールの一番下。】 今週の東京株式市場は、指数の上値追いは戻り売りにとどまると想定、個別株については3月特有の権利付き(配当、優待)が絡み、底堅い展開が予想される。 また、翌週の配当再投資に絡んだ需給も意識されやすく、下落一辺倒に陥ることはないとみており、ポジションを変更し辛い1週間になると考えている。 ただし、日経平均株価指数に絡んだ値動きは微妙な空気にさらされるかもしれず、日銀の政策転換が重く圧し掛かる可能性は高い。 事実、先週末の夜間取引は日経平均先物独自の軟調地合いが目立っており、安値は29000円を割り込むほど、あのスピード感は仕掛け的なモノがドサッと入った可能性もある。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード