有料記事

【医歯薬看護系小論文の完成】第4回:高齢化社会/生活習慣病

第1部 高齢化社会

(1)総論

●超高齢社会  現代の日本では少子高齢化が進展しています。高齢化率(総人口に占める高齢者の割合)が21%以上の社会を超高齢社会といい、2018年には日本の高齢化率は28.1%となり、すでに超高齢社会に突入しています。  少子高齢化の背景として長寿化が指摘されています。  2018年のデータでは日本人の平均寿命は女性が87歳、男性が81歳で日本は世界で1、2位を争う長寿国となっています。  しかし、いくら長生きをしても、病気や障害で苦しみ、寝たきりの状態では本人や家族の心身の負担が増加します。  そこで、大切ことは平均寿命に加えて健康寿命を延ばすことにあります。 近年では、特に2025年問題と呼ばれる課題が指摘されています。 これは、戦後の第一次ベビーブーム(1947年~1949年)の時に生まれた、いわゆる「団塊の世代」が後期高齢者(75歳)になり、医療や介護などの社会保障費の急増が懸念される問題を指します。

レビュー

まだレビューがありません

その他(子育て・教育)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード