有料記事

3月11日のマーケット展望【3/11・14:46、10年の月日を乗り越え、インフ

【3/11・14:46、10年の月日を乗り越え、インフラは着々と進む】

こんにちは!株トークの坂口です。 21年3月8日週、11日の東京株式市場の展望をテキストと動画で解説いたします。 【3月11日のマーケット展望・動画のURLは、メールの一番下。】 本日の東京株式市場は、インフラ関連はじめとした内需関連の物色がメインになると想定、日米とも3/11を乗り越え、底堅い動きとなるか注目している。 米国の3/11は、20年3月11日のダウ工業株指数が過去2番目の下落幅を記録、トランプ前大統領が打ち出した景気刺激策に失望、WHOがパンデミックを宣言した日でもある。 10日のNY株式市場は、主要3指数高安まちまちな値動きも、ダウ工業株指数は連日の史上最高値を更新、追加経済対策法案可決と債券利回り低下を好感した。 この日入札された10年債の応札に波乱はなく、金利が低下、追加経済対策法案もバイデン大統領の署名を残すのみ、手元にお金が現実になることをしっかりと好意的に受け止めた。 ナスダックはマイナス圏、Appleの株価がさえず、iPhoneミニの減産意向を嫌気、半導体SOX指数があっさりとマイナスに突入したことも重しとなった。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード