有料記事

占いが「当たらない」と思われるホントの理由

みなさまこんにちは、kaoriです。 よろしければ、私のポリシーやパーソナリティーはこちらでご確認ください! https://note.com/chaostocosmos114 常々、思っていたんです。 占いを当たると信じている人と、やっぱり当たらないと言う人は、一体 何が違うのか。 私自身、占いが大好きです。 また、「占い」という言葉がもつイメージに、少しの違和感をもったまま それでもそれ以外に言い表せる言葉が今はこれ以外にないので、 「占い」と、言ってます。 まず思うのは、占いは、 当たる・当たらない というふたつの答えしかないわけではない、と思ってます。 当てっこが目的なのではなく、その占いを利用した結果を、 自分の人生に生かしたいと思ったかどうか? なんだと思います。 占い師と言えど 中身はみな、同じ人間。 人間にはもともと、色んな欲望が渦巻いていますよね😎 何をやっているからと言って必ずしも人格者である必要はないけれど(でも人格者であることを求められる職業もありますね)、 ようするに、占い師 個人の生き方や価値観に、占いの内容がとても左右される傾向があるのだと感じます。 その考えが大前提としてなければ きっと、占いを利用する人は、当たるとか当たらないというふたつの答えだけに振り回されることになると思ってます。 その人の見た目や、職業などの肩書きに惑わされることなく、その人そのものを見ることができる洞察力 それは、占いを依頼する人にも、必要になってきます。 求めすぎの人には、求められたい占い師がつくのだと思ってます。 共依存というやつですが、 自分の人生の舵取りを占い師に任せてはいけません。 もっというと、占い師だけではなく、自分以外の人に自分の舵取りを任せてはいけません。 なので私自身も、自分のポリシーやパーソナリティーについて、なるべく知っていただけるような形態を取り、活動しようと思いました。 占い師としての自分は当たり前ですがメインパーソナリティーではなく、私個人のパーソナリティーに付随している、単なる一部だからです。 その上で、 「kaoriの占いだからこそお願いしたい!」 と選んで貰えたらめっちゃ嬉しぃな❣ って、期待しています(笑) ️ 当たり前ですが、私も、他人の人生への責任はとれません。(笑) ※※※※※※※※※※※※※※※ ↓↓ここからは実際に体験したお話です↓↓

占いの結果を、ホントに実現したいなら。

昔、ある人が 今、不倫の恋に悩んでる と、話して来ました。 その日会ったばかりの、あるお店の女性でした。(!) (深くない関係性の方が話しやすいのか、、、いきなり深い悩みを打ち明けられることって、たまにないですか?w) その話を聞いた瞬間 浮かんだことをお伝えしたら、「え!!やっぱりーー?え、なんか、そういう力、あるんですか!?」 って仰るので、少しやけど、そうかもしれないと言うと 自分の近くには何故か、そういうサイキックみたいな友人とかお客さんがよく来るのだ、と、これまた打ち明けてくださった。 それこそ、へぇ~ となり、お話させていただいてる中で、なんだか嬉しくなってしまい、自分の話も少し、シェアしたんですよね。なんか、この方なら変と思われないかも、って思ったので…。 でも今、思えば、少しだけ気になる違和感がチラホラありました。 で、その日はそれで楽しく終わったのですが 後日また予約でそのお店を訪れた際、その時私自身にも、とても重要なことが起きていたこともあり割とぶっちゃけた悩みを打ち明けてしまったんですよね。 多分本当に、そういうスピリチュアルなことをバカにしない人にしか、言っちゃいけないことを、その時 悩むあまり話してしまったんです。 それも実は、その人との間に、偶然か何か私がその時悩んでいた人との共通点があることがわかっていて、 それがかなり、偶然とはいえむちゃくちゃあり得ない話だったので、思わず打ち明けてしまいました。これはなんかのご縁やと、私は感じたからです。 しかし結果、その人は、私が打ち明けた内容が信じられなかったんやと思います。後日きっとその、話にでてきたサイキックの友人とかに話されたのだと思われる様子(少し、馬鹿にして笑う感じ、疑うような言葉など)が見られて、あ、言うんじゃなかった、と、激しく後悔したものでした。 その方のお仕事のクオリティは、とてもハイセンスで大好きでした。 実際にとても服装や髪型もセンスがよくて、自由で自立した考えの女性だったと思います。 ただ、会う度に、私の話すことをネタのように面白がられている雰囲気が増してきていることも、感じていました。 初めてお会いした日は、私の話したことに同意されていたけど その不倫の彼とはうまく行かなかったとある時、教えていただきました。 もしかしてそれを、私が言ったこは当たらなかった と言う風に捉えていらしたかもしれません。 もしそうであれば、それは明らかご自分の決定を人のせいにされたことになり、その場合はやっぱり「当たらなかった」となります。 私は、もうそこを利用するのを止めました。 ※※※※※※※※※※※※※※※ そんな切ないことが、きっと職業的に、沢山あるのだろうなと思いつつ リーディングしてもらって救われたことも沢山あった私。 信じる ではなく、 【信じたい】 そうなれると、信じたいから あなたの夢を、そうなれると応援したいから 占いを、やってみようと、思っています。

最後に、お礼まで。

レビュー

まだレビューがありません

タロット・カードリーディング

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード