有料記事

2月26日のマーケット展望【半導体不足は消費機会の損失、金利上昇はPER重視への

【半導体不足は消費機会の損失、金利上昇はPER重視への回帰】

こんにちは!株トークの坂口です。 21年2月26日の東京株式市場の展望をテキストで解説いたします。 【今週、2月26日のマーケット展望・動画URL URLはメールの一番下】 本日の東京株式市場は、25日のNY株安に連れてリスクオフを意識する動きが強まるだろう。 日経平均先物・夜間取引は3万円台の大台を再度割り込み、3万円復活の起点となった2月15日の夜間取引終値を割り込んでいる。 3万円台を30年半ぶりに回復して以降、ビットコインは我が世の春を謳歌し、半導体関連は数年先の需要まで織り込み、一部投資家の儲かってのインタビューも連日オンエアされていた。 かんたん投資の名のもと、ウェルスナビの投資手法はじめとした少額投資が席巻し、バリュー株巻き込んだ値ごろ感ある銘柄に買い広げていた。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード