有料記事

イヴニングストラテジー・24日【NY株式市場の展望、東京株式市場まとめ】

【ダウ工業株が経済対策期待の下落幅縮小でも、ナスは大幅続落か】

キャピタル増税リスクが重し、GAFA中心に手仕舞い売り継続か、カギは半導体SOX指数の動向 24日のNY株式市場は主要3指数揃ってマイナス圏での終了を想定、GAFA(注1)が所属するナスダックの動向が重しとなりそうだ。(注1 Google、Apple、Facebook、Amazon⇒頭4文字でGAFA) テスラモーターズは、ビットコインの戻りに連れて上昇するかもしれないが、仮にビットコインの動向関係なく、軟調推移すると米系テックは総じて売りに押される可能性が高い。 背景は、イエレン財務長官の増税に言及した点にあり、これまで上昇し続けた銘柄に増税のネガティブサプライズが発生しやすく、山高ければ谷深しのイメージが直結するからだ。 現時点ではビットコインが上昇に転じており、ナスダックの反転上昇もあるかもしれないが、東京時間でナスダック100先物が突然値崩れし、先行きに対する警戒感と考えている。 また、明日の明け方にグラフィックボード大手のNVIDIAが決算を発表、結果次第では日経平均先物のインパクトにつながり、注目のイベントになるだろう。 9984・ソフトバンクGが1万円割れ、そのリスクを先取りしていたならば、明日もハイテク株が重しになることも考えられ、上昇していた反動が収まるのは少々時間がかかることも心しておいた方が良い。 昨年同様、2月25日が慌ただしい時期に差し掛かったかもしれず、3月の日銀、米FOMCイベントに向けて、手仕舞いリスクを意識した夜になると考えている。 仮に戻りを試すなら、輸送株指数や工業株指数の下げ止まりが、結果で反映されるだろう。 24日の欧米市場・注目イベント、予定(赤は要注目) 米国1月新築住宅販売件数(24:00) 米国週次EIA石油在庫統計(24:30) パウエルFRB議長 議会証言(下院金融委員会 24:00) ブレイナードFRB理事 発言予定(24:30) (注目企業決算・米国) NVIDIA Corp(市場予想 2.80ドル)、Weibo Corp、Lowe's 先物動向 16時07分現在 ダウ工業株指数 -85.00 S&P500 -13.00 ナスダック100 -91.50 WTI 61.44 -0.21 -0.34% ドル円 105.51-52円 225先物 29701円【225・CFD】16時19分現在 株トーク マーケットストラテジスト 坂口隆信 https://www.kabutalk.com/ この投資情報は、投資勧誘を目的としたものではありません。 また、文中に使用されている言葉、数字等は万全を期してはおりますが、その正確性に責任は負いかねます。 銘柄選択、投資時期等の最終決定はお客様ご自身でご判断なさるよう、お願いいたします。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード