有料記事

浮力を使った質量計。子どもが作って学ぶ(小学5~6年生向け)

1

1〜9人が購入

浮力を使った質量計を製作しよう(小学生向け)

中学の入試で出される「浮力」の問題、難しいですね。 水と物体、それらの体積と重さの関係がややこしい。 「浮力」の単元が苦手で、理科の勉強が嫌いになる子もいます。 逆にいうと、「浮力」を理解しておけば、入試に有利かもしれません。 たくさん問題を解いて「浮力」の計算に慣れることも大事ですが、それより大切なのは、子どもたちがもっと楽しく「浮力」の勉強に取り組めることだと思います。 というわけで、記念すべき第1作目の実験装置に「浮力」を選んでみました! まず図面をご覧ください。

#001 浮力式質量計

もちろん有料記事を購入してもらえればありがたいですが、この図面(構造図)だけを頼りに、お子さんと一緒に試行錯誤しながら工作するのも楽しいと思います。 装置はボクが実際に製作して、一定の性能を確かめてあります。ただし実用器材としての精度はありません。 あくまで「遊び道具づくり」として取り組んでもらい、子どもたちにはそこから科学の面白さを味わってもらいたいのです。 装置を作っていく過程で科学の原理に触れ、装置を使って実験してみることで、研究の初歩を体験できると思います。 浮力式質量計の詳しい作り方と、浮力に関する解説をPDFファイル(A4判・18ページ)へのリンクにして、有料記事にアップします。 価格を500円にしてありますが、初回を記念して100人様まで300円にて発売します。 どうぞよろしくお願いいたします。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード