有料記事

謎多き星~シリウス(2)

2

40人以上が購入

≪目次≫ ~はじめに~ ~ドゴン族のシリウス神話~ ・シリウス・ミステリーの始まり ・人類創成神話 ・シリウスは三重連星だったという伝承 ・なぜ、ドゴン族は高度な天文学的知識をもっていたのか? ~ピラミッドとシリウス~ ・オリオンの三ツ星とピラミッド ・天空の星を指し示すシャフト ~オシリス神とイシス神~ ~原始キリスト教の象徴は‟魚”~ ・なぜ魚のマークがキリスト教徒? ・イエスと空海の共通点とは? ~シリウスの軌道を見て気づいたこと~ ~シリウス人の特徴~ ~おわりに~

~はじめに~

皆さん、こんにちは。最初にお断りです。 2月12日の『謎多き星~シリウス』において、「1回でまとめるのは困難でしたので、2回にわたって取り上げます。次回は空海さんも少し登場します~」と申し上げました。 ところが、筆を進めていったところ、空海さん関連の話も次々に出てきてしまい、ひとつの記事にはなりませんでした。よって、今回はシリウスだけに的を絞ってお伝えします。申し訳ありません。m(__)m (過去記事) 「謎多き星~シリウス」(2/12) https://ameblo.jp/agnes99/entry-12656164588.html

~ドゴン族のシリウス神話~

西アフリカの「マリ共和国」に、『ドゴン族』という民族がおり、バンディアガラの断崖(バンディアガラ山)に居住しています。 仮面文化の発達がみられ、これを用いた舞踊や祭事に文化的特徴を有しています。中でも60年に1度実施される、祖先の霊力を持った蛇の大仮面を奉納する「シギの祭り」はよく知られています。(上図) ドゴン族は、20世紀半ばに文明社会の人間と接触するまで、高度な文明は持たず、原始的な生活を続けていました。 (参考)ドゴン族(Wikipedia) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%B4%E3%83%B3%E6%97%8F

◆シリウス・ミステリーの始まり 「ドゴン族」が、シリウスにまつわる大きな謎をもたらしました。 謎の発端は、1931年に初めてドゴン族に接触した仏人類学者・マルセル・グリオール氏とジェルメーヌ・ディテルラン氏です。 その後も何度かドゴン族の元を訪れ、1946年、ドゴン族の長老から『ドゴン族の伝承』を聞きだすことに成功しました。 1950年、グリオール氏は、その伝承を論文にして発表しました。 その後、イギリスの天文学者ロバート・テンプル博士が裏付け調査を行い、『シリウス・ミステリー』として出版しました。(下図) その本に書かれている内容は驚くべきものでした。 ドゴン族の盲目の長老が博士に語った内容とは・・・

レビュー

(10)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード