有料記事

イヴニングストラテジー・17日【NY株式市場の展望、東京株式市場まとめ】

【小反落、手掛かり材料乏しく一進一退。GAMESTOP公聴会前に様子見ムードの強い1日】

18日(19日未明)にGAMESTOP公聴会、FOMC議事録、大寒波など、リスクオン機運の高まらない1日 2月17日のNYストラテジー、17日の東京市場まとめ 【イヴニングストラテジー・17日の動画】 ※ 申し訳ございません、収録ボタンを押していませんので、現在のライブ動画を15時15分にあわせて視聴してください。 大変ご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。 17日のNY株式市場は、様子見ムードの強い1日になると想定、この後控えているイベントを前に積極的なリスクオン関与は限定的と考えている。 18日の米GAMESTOP公聴会を前に、株式の売り買いに関して積極的な関与は難しく、目立った好材料もない。 今晩未明にFOMC議事録の公表も控えており、特に市場の空気を澱ませるような中身はないとみるも、昨日はナスダックが反落していた。 注目度高い米小売売上高などの指標は発表予定も、良くても当たり前、悪くても追加経済対策法案への期待が蔓延っており、波乱含みは想像し難い。 日経平均先物に関しても、菅首相が株価の上昇と後押ししている政策と今の過剰流動性に好意的な発言し、下を仕掛ける動きも積極的ではなさそうだ。 ただし、上値も重いとみており、期末に向けたポジション解消の動きは粛々と進んでおり、静かな値動きに終始するだろう。 17日の欧米市場・注目イベント、予定(赤は要注目) 米国1月小売売上高(22:30) 米国1月鉱工業生産指数/同設備稼働率(23:15) 米国2月NAHB住宅市場指数(24:00) 米国12月企業在庫(24:00) FOMC議事録(1月26・27日開催分 18日4:00) ローゼングレン・ボストン連銀総裁 発言予定(23:15) 先物動向 15時36分現在 ダウ工業株指数 +33.00 S&P500 +3.25 ナスダック100 +4.25 WTI 60.12 +0.07 +0.09% ドル円 105.93-94円 225先物 30385円【225・CFD】15時51分現在 株トーク マーケットストラテジスト 坂口隆信 https://www.kabutalk.com/ この投資情報は、投資勧誘を目的としたものではありません。 また、文中に使用されている言葉、数字等は万全を期してはおりますが、その正確性に責任は負いかねます。 銘柄選択、投資時期等の最終決定はお客様ご自身でご判断なさるよう、お願いいたします。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード