有料記事

戦後の主な首相経済中心政策歴史分析②(高校生にも必見!!)

【目次】

①竹下登

②橋本龍太郎

③小泉純一郎

④麻生太郎

⑤安倍晋三(第一次・第二次)

① 竹下登  内閣官房長官(第三次佐藤内閣)  建設大臣(三木内閣)  大蔵大臣(第二次大平内閣)      (中曽根内閣・4期連続) (首相就任前) ・1985年 プラザ合意同意の際の大蔵大臣  ⇨その後日本にバブルが起きてしまう  このプラザ合意に関しては  アメリカの圧力に屈した形である ・田中角栄に反旗を翻す形で1987年7月に  経世会(竹下派)として正式に独立 ※角栄はこれに関しては怒りの感情を持っていた  だが角栄は竹下登の能力を高く買っており  若手議員が竹下を幹事長に推した際 『竹下を安っぽく使う気はない。大蔵大臣を何度も  やってもらっているのは将来、  自民党を背負って立つ人間だからである。  国を束ねるには財布の中身を知ってないとできない。  幹事長はそれからで良い』 このように竹下に対する評価を語っている。 ・『竹下派七奉行』  橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、小沢一郎  羽田孜、奥田敬和、渡部恒三の七人で構成。 (首相就任後) ①ふるさと創生事業の実施(1988〜89年)   地方交付税として一律1億円を支給する政策 ②税制改革関連法案を強行採択   日本初の付加価値税である消費税導入 ③オレンジ・牛肉の対米輸入自由化   日米貿易摩擦のかつてからの問題であった   牛肉・オレンジの輸入自由化の合意 (これらには発がん物質がたっぷり存在) ④リクルート事件への関与  影響   ・内閣総辞職へと追い込まれた原因   ・自身の秘書青木伊平が不可解な自殺 これら①〜④が首相時の主な出来事。 その他にも竹下登は 日本経済がアメリカを追い抜きそうな勢いだった際 『どちらが戦争に勝ったのか』と発言。 当然アメリカから目をつけられる羽目になる。 さらには米軍横田基地から アラスカまで飛行機で拉致されて 裸のまま太平洋の海に宙吊りにされ、 キンテキを潰されたという事件もあります。 (これに関してはベンジャミンさんが何度も  事実であったことを述べています) ↓ この際の映像を動画として収めて 然るべき大臣クラスの人間に対して 裏切ればお前にもやるというように 脅しの材料として長年使われてきた。 (使用しているのはジャパンハンドラーズ)

レビュー

まだレビューがありません

その他(趣味・レッスン)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード