有料記事

二浪日記105話衝撃 106話成長 107話指示待ち人間108話ピグマリオン効果

3

100人以上が購入

105話 ありえない衝撃

ありえない衝撃をくれた大学は なんと私が30年近くもずっ~と好きな 伝統ある老舗建築学部があるあの大学様だった。 まあ大学様は教えてくれただけで 正確に言うとありえない衝撃は息子がくれたんだけど。 だって息子の入試得点が原因なんだから。 その衝撃とは 数学の得点が英語の得点より下だったことだ。 この大学は3回受験しているのだが その3回とも数学の方が下だったのだ。 これは私にとって入試で落ちたことより、 衝撃的だったくらいだ。 イチローの場合は 英語は8月の時点で受験レベルにするには間に合わないと キャサリンに宣言されていて 英語ナシの受験を考えなさい、とまで言われていた。 だから私は 英語の点が悪いことは想定していたけど 数学の点がそれより悪い なんて思いもしなかったんだ。Y(>_<、)Y 1回だけなら何か理由があって たまたまそうなったとも思えるけど 3回ともなればそれが実力だとしか言いようがない・・・。 これを知って息子は 理系として折れてしまわないだろうか。 合格最低点から見たら、 合格点まであと30点くらいなんだから ひどすぎる英語とありえない数学を 15点ずつ上げたら立派に合格。 あと8ヶ月弱で15点ずつ上げることなら 頑張れば何とかできそうだ。 (注 65点を80点にするのではなく20点を35点にって言うレベルでOK) だからそんなに騒ぐことではないかもしれないし 合格まであと300点もあるST大よりずっとマシかもしれなけど でもね ST大の結果は  ひどさにあきれかえったけど それを見て落ち込むってことはなかったんだよ・・・。 私は開示した得点を速攻で息子に見せて、 「ありえないよね?」って爆笑した。 (来年は受けないな、とは思ったけどね) 0点でも不思議はないと思っていたST大の英語が 0点じゃなかったのを見て 「あらすごい!点がある!」 って言ったくらいだよ。 だけど 私が好きな大学の 3つとも点が取れていない数学は すぐには息子に見せられなかった・・・。 あの子は要領が悪いし勉強のやり方が下手だし、 つまりバカだけど、 一所懸命やってはいる。 あの子なりに一所懸命やっている。 ずーっとそうだ。 中学受験のころから。 でもずっと偏差値30なんだ。 今も二浪で頑張っている。 ここでこれを見せると、 完全に折れちゃわないかさすがに心配だった。 余計な事して取り返しがつかなかったらって。 イケメン先生に相談してからにしようかとも思った。 でもさ、もう彼も大人だし、 それはさすがに過保護だよね。 自分の現実くらい受け止められないわけがないし、 受け止めなきゃいけない。 そのことは数学なんかよりもっと大事なことだと思う。 だから見せた。 そしてイケメン先生に任せてからは 勉強に指示出しはしていないのだけど、 今回はさすがに言った。 「この点数だったのは、もう仕方がないとして、今解けば解けるの? 解いてみて頂戴。そして何点だったか教えて。解けないのだったら、どうすればいいのか解るよね? すぐやってみて。」 息子は英語の勉強を始めようとしていたところだったが、 それをわきに置き、過去問を取り、問題を解き始めた。

レビュー

(7)

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード