有料記事

20世紀医薬の革命・『ピル(避妊薬)』

2

30人以上が購入

20世紀前半 避妊知識と避妊具がある合法的に入手できるよう 各国でたくさんの運動家が戦ったこと 今の我々から見れば そんなことで? みたいな あの時代 20世紀初めの数十年間 多くの国では 避妊法を教えるだけで犯罪になった 信じがたいことだが全て事実 しかしこれら 切実な事情から求められていたこと 大都市部の貧困地域に見られた 乳幼児と出産婦の高い死亡率 しばしば 大家族であったことと関係していた 中産階級は 同時利用可能になりつつあった 科学的避妊ノウハウを 既に使っていた その一方で ブルーワーカーの女性達 何とかしてその情報と そして避妊具を入手しようと必死になっていた 大家族の母親 産児制限の提唱者宛に書いた手紙 彼女たちが 望まぬ妊娠をした時に感じていた 必死の思いを詳しく伝えている 1930年代になると 『科学的産児 制限』 容認されやすい言葉 『家族計画』なる用語 普通に使われるようになっていた 社会がこの方向性を受け入れ始めたのである いくつかの国や地域で 法改正が行われた 産児制限に対して敵対的な法律も それを適用した訴訟はまれになった 避妊が控えめに行われた場合 もはや訴えられることはなくなっていた

レビュー

(4)

まだレビューがありません

ブログの制作・カスタマイズ

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード