有料記事

2019年度愛知医科大医学部推薦入試英語解答解説

(全部でA4で14枚分あります。長文問題には全訳をつけております) 2019年度愛知医科大学医学部推薦入試 英語 解答・解説       複写・転売禁止 Ⅰ 【解答】 (1) リ require (2) ニ give (3) ト nothing (4) ル work (5) ヲ worth (6) ホ grown 【解説】 (1) require ... attention「…な注意を要求する」。本問のrequire constant attentionは「片時も目が離せない」という頻出表現。 (2) give A a try「Aをやってみる」。本問のgive it a tryは「試しにやってみる」という頻出表現。 (3) nothing more than A= no more than A= only A「Aだけ」。本問のように、want[would like]nothing more than to do...「ただ…したいだけ」は頻出表現。 例)I'd like nothing more than to tell you everything.「君にすべてを話したいだけだ」 (4) a work of art「美術品」。なおこのworkは可算名詞で「作品」の意味。 (5) worth「…の価値がある、値打ちがある」は形容詞だが、特別に目的語をとる。(辞書によってはworthを前置詞とするものもある)次の例文ではfifty dollarsがworthの目的語である。 例)This clock is worth fifty dollars.「この時計は50ドルの値打ちがある」 本問ではmore than 500 billion yen per yearがworthの目的語である。 (6) grow O「Oを栽培する」の受動態。   Ⅱ 【解答】 (1) ト el (2) ト el (3) ロ ar (4) へ cq (5) ニ ci (6) ヨ ul 【解説】 この問題は愛知医科大学独特の問題である。まず語の定義を読んで品詞を押さえて、思いついた単語をスペルアウトしてみよう。文字数に気をつけること。 (1) 商品・手紙・荷物などをある特定の場所や人に持って行く:deliver「…を配達する」 (2) 手紙を送るのに使われる平らな紙の入れ物:envelope「封筒」 (3) 平均的またはありふれたまたはいつもの、特異でもなく、特別でもない:ordinary「ふつうの」 (4) 買ったりもらったりして何かを手に入れる:acquire「…を獲得する」 (5) とても快適な味やにおいを持っている:delicious「おいしい、香りのよい」 (6) 腕がつながっているところで、首の両側にある身体の二つの部分のうちの一つ:shoulder「肩」 Ⅲ 【解答】 (1) ハ (2) へ (3) ト (4) へ (5) ニ 【解説】これも愛知医科大学独特の問題である。下線部の語(句)を見て、どういう風に使われるかあらかじめ予想してから本文を読む。本文を文構造をしっかり押さえながら読んでいくとおかしいところが発見できるはず。 (1) 文全体はSome V..., while others V~「…するものもいれば、一方~するものもいる」の構文。前半は、Some がS, sayがV,that節がO。that節内は、teens' declining scoresがS, areがV,the hoursがCに見えるが、「十代の若者が読解のテストの成績が下がっているのは…の時間である」では意味が成立しない。そこで空所ハにthe result of を入れると 「十代の若者が読解のテストの成績が下がっているのは…の時間の結果である」となり、成立する。よって答えはハである。  なお、the hoursの直後に関係代名詞のwhichが省略されている。ニの直後のsurfingはspend+時間+doing...の構文のdoingに当たる。 【全訳】十代の若者が読解のテストの成績が下がっているのはネットサーフィンに費やす時間の結果であると言うものもいるし、一方、インターネットは教育者や社会全体によって退けられるべきではない読解の新しい形態を作り出したと主張するものもいる。

レビュー

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード