有料記事

カバラで読み解く「令和」の意味とは?

1〜9人が購入

令和という元号が出来た時の薀蓄

この元号が出来た頃を皆様思い出してみて下さい。 発表された時は 「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれて育つ」という意味が込められておりますとの事でした。 「令」には【良い・立派・美しい】という意味が有ると解説されていました。この話の中で万葉集でも出てくると主張されていたのは。以下の内容によります。 【実際の万葉集の一節】 初春の令月にして という言葉が出てきます。春先の夜空に輝く冴えた月の事を示すそうです。

上記の見解に反して疑問に思う声が多く出たのも皆様の記憶に新しいかと思います。その意見とは 【令】とは【命令】の令じゃないか!こんなの庶民の自由を束縛するものだ!とか偉そうな上から目線を感じて嫌だ!とか! そりゃそうです。元号なんて日本だけのもので、しかも国民が投票して一位になったものを使用するとかそんなもんではないでしょう。 改めて言える事は政府が勝手に押し付けたものだと気が付いた人何れ位居たでしょうか?私達日本人は履歴書を書く時もそのせいでダブルスタンダードを持たないといけない面倒な事になっているという事です。 EX)2021年=令和3年とか つまり二通り把握しないといけないとう事。簡素化簡略化の面からも考えて何て非効率なんだろうと私は思っていますがそう感じた方はいらっしゃらないでしょうか?

実はそうする事によって得するグループが有るからです

事実【令和】での令の使用例は珍しいと言われています。 私はこれはこじつけだと実は読んでいます。 理由は、カバラに有ります。漢字のカバラを八咫烏が使用するのであれば当然そこに意味を込めます。 八咫烏とは天●家のダブルスタンダードです。謎の集団ではなく実在はしますが、何をしているか言えないってだけです。その理由は本文を読んでいけば分かるかと思います。

レビュー

(2)

まだレビューがありません

趣味・レッスン

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード