有料記事

家族が精神病になった時の心得と行動 10個

1〜9人が購入

 ご覧いただき有難うございます。  ここの内容は、僕と同じように、  探しても、相談しても、  見つからなかった。 納得出来なかった。  という方の為に、ブログには書けなかった内容を書いてあります。  最初に『どういう気持ちで望めばいいのか?』という心得と、ネット上には掲載されていない具体的な行動を示しています。 場合によっては現実的に有効な手段になりえるものです。 30分5,000円の弁護士相談以上の内容であることを念頭に記載致しましたが、参考程度にご覧いただけると幸いです。  どうぞ宜しくお願い致します。 ――― 『商品サンプル』 以下、心得と行動 10個 【心得】 ① まず自分が落ち着く ② 相手を否定しない ③ 出来ないこともまずは受け止める ④ 全ては叶えられない ⑤ 相手との意識の距離を測る ⑥ 色んな家族の形があることを知る ⑦ 自分を否定しない ⑧ 予期しない出来事の可能性を知る ⑨ 医者は症状を治す ⑩ 覚悟する 【行動】 ① ......以下10項目まで 続く --- 【心得】 ① まず自分が落ち着く  家族が精神不安になると、予想外に自分もパニックになります。 パニックになると、人間は冷静な判断が出来なくなります。 ですが、次々と判断しなくてはならない状況も出てくることでしょう。  その時は、『決断をしたら一日置く』が効果的です。 感情的な決断は僕の経験上上手くいきません。 ますます混乱を増長させていき、その状態こそが精神不安な状態となります。 そんな時に冷静になれるのはドラマの主人公くらいです。 ですから『自分が不安定である』ことに気付くことが重要です。   具体的には自分の身を守るために交感神経が昂ります。 その時、自分の感情が溢れてきますので、なぜだ! という怒りや、どうしよう、と不安が出ている時は、自分も冷静じゃないんだなぁと気付くところからはじめましょう。 まずはそこからです。 -中略-  以上、心得を10個お伝えしました。  しかし、その上で「じゃあどうしたらいいんだ」とお悩みの方が実在するのも事実です。 次からは、実際の行動についてお伝えします。  以下、行動 10個へ続く ---  これから先に書いてあることは、僕が経験し、有効であろうと感じた心得と行動を示したもので、あくまでも個人の私見です。 そして、それが必ずしも貴方に有効かどうかは分かりません。 ですから、実行に際しては誠に申し訳ありませんが自己責任でお願い致します。  少しでも貴方の生活の糧になりえることをお祈り致します。

レビュー

まだレビューがありません

その他(ライフスタイル)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード