有料記事

【先物夜間取引】22日のNYストラテジー・ライブ放送【ダウは200ドル超の下落か

【ダウは200ドル超の下落か、IBM、Intelの寄与度次第】

現在、日経平均先物の動向を動画配信でお伝えしています。 【視聴用URLを送付いたします、配信中です。まもなく、いったん停止予定】

トランプなき世界を引き続き満喫も、ネガティブな材料をフォローするのは、バイデンでは無理と想定 今晩のNY株式市場は反落を想定、ダウ工業株指数の採用銘柄が連日決算を発表し、株価指数は同指数の伸び悩みが少々目立っている。 引け後のインテル、IBMがそれぞれしくじった結果を出して株価は下落、この2銘柄の寄与度次第で、ダウ工業株は200ドル超のマイナスもあるとみている。 いつもながら、引けにかけて戻りを試す展開が予想されるが、株価に以上に執着していたトランプ氏とは違って、フォローが入り難いと想定、ズルズルと下値を模索する可能性もあり得る状況だ。 そこを需給で押し返し、株高基調を保ち続けてきたが、Twitterから何のフォローもない寂しさが、少しずつインパクトとなり、テクノロジーはいったん様子見になるかもしれない。 来週から日米で決算イベントが本格化、輸送株指数が上昇しそうなモードに入っているが、昨晩は中小型のラッセルが1%近いマイナス、2週続けてのマイナスな週末になると考えている。 油断は大敵だが、悲壮感なく終わり方になる公算は高く、日経平均先物もびっくりするようなネガティブな展開にならないだろう。 22日の欧米市場・注目イベント、予定(赤は要注目) ドイツ1月製造業/非製造業PMI・速報値(17:30) ユーロ圏1月製造業/非製造業/総合PMI・速報値(18:00) ECB専門家予測調査(18:00) 米国1月製造業/非製造業/総合PMI・速報値(23:45) 米国12月中古住宅販売件数(24:00) (注目企業決算・米国) Schlumberger 先物動向 15時50分現在 ダウ工業株指数 -100.00 S&P500 -10.00 ナスダック100 -38.50 WTI 52.50 -0.63 -1.20% ドル円 103.66-67円 225先物 28611円 【225・CFD】16時02分現在

レビュー

まだレビューがありません

資産運用・投資

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード