有料記事

1月5日のマーケット展望

新年早々、ビットコインにフラッシュクラッシュが発生、揺れたのは日米の株価

こんにちは!株トークの坂口です。 21年1月4日週(今週)、5日の東京株式市場の展望をテキストで解説いたします。 【動画配信は、5日朝のマーケットライブより配信する予定です。】 本日の東京株式市場は、干支通りの展開は早計な見方も、さっそく出だしで躓いたことに変わりはない。 東京都と周辺の関東3県の緊急事態宣言の発令リスクが先行し、昨日の日中は27000円割れ寸前まで日経平均株価指数は下落、市場の動揺を誘った。 清算値は27300円台で終了したものの、早速のスタートがマイナス圏で終了したとあって、不安の余韻は少なからず残ってしまっている。 動揺がいつ走ってもおかしくない中、今度はビットコインにフラッシュクラッシュが発生、コインチェックの取引所のみが、他市場との大きな歪みを形成してしまった。 年明けのNY株式市場にも動揺が駆け巡り、ダウ工業株指数が一時30000ドル割れ、下落幅は700ドルに接近するほどの値動き、高値圏でご法度の金融事故が少なからず影響を与えている。 そのビットコインは冷静さを取り戻し、戻りを試す逞しさも時折うかがえるが、そもそも理論価格の存在しない暗号通貨、その影響は他の金融市場で手仕舞いを発動させるリスクである。 ビットコインで受けたダメージは、これまで上昇続けた果ての反動によるもの、日銀はETFの買い入れ金額を縮小させている。 そのような年初からの慌ただしい材料が面倒な思惑を形成したかもしれず、日米が売られ、他国の市場が上昇するのは、少なからず日本株が米国株と連動している証左でもある。 あと2時間で取引を終了するが(現在は4時前)、仮にダウ工業株指数が3万ドルを割り込んで終了となれば、手仕舞いムードの売りが優勢に働く可能性が高い。 昨日の先物、日中の手口にクレディ・スイス証券の売り手口が目立っており、仮に1月4日安値を割り込むと、がぜん優勢は売り方に働きやすくなってしまう。 踏み止まるかどうかのポイント、米国市場で半導体大手Intelがプラス圏を堅持しており、半導体SOX指数も他市場ほどの下落率ではない。 本日の東京株式市場でも、半導体関連が踏み止まり、米国同様に金融株の底堅さが反映されるなら、日本株も半導体関連と金融関連に道筋は開けるだろう。 相場の転換期に出てくるのは金融事故、それこそが想定していないネガティブインパクトだっただけに、上記でも述べたように踏み止まらないと手仕舞い売りがさらに加速しやすい。 想定外で躓いた2021年1月の東京株式市場、上記の関連銘柄とビットコインが踏み止まるような底堅さを演出できれば、懸念要素は消化されていくと考えている。 日米の株価は躓いても、他国の市場は総じて堅調なスタートとなっており、懸念が杞憂で終わるなら、理屈っぽいことはどうでもよく、指数の上昇に転じることが大事なミッションと考えている。

1月4日週、5日の東京株式市場・展望 225先物の展望、テクニカルポイント 225先物に関するコメント・5日 3時現在、225先物夜間取引は日中比マイナス圏での推移、ビットコインの急落が金融市場全体の楽観ムードに水を差した格好となった。 年明けの東京株式市場は、アジア市場の中で唯一の負け組スタート、結果的にコロナの感染者拡大リスクが尾を引いた。 しかし、ここまで強含みに推移し続けていたNY株式市場も、寄り付き直後のダウ高値更新から一転、利益確定売りに押されている。 3時現在、225先物のVWAP値と100円以上マイナス乖離、5日移動平均線はその下に位置しており、5日線回復しても売買コストが壁になるかもしれない。 昨日安値(27015円)は割り込んでおらず、目先の下値メドと意識されそうだが、仮に日中に27000円を割り込むと、少々面倒なリスクオフに晒される可能性がある。 20日移動平均線と25日移動平均線はデッドクロス寸前、清算値は27300円を上回らないと、年初は買い方の苦戦が必至となる。 ここが踏ん張りどころ、このままのローソク足の終わり方では、1月相場は心許ない展開に陥るかもしれず、ゲームチェンジャーな流れに注意が必要だ。 225先物に関するコメント・5日 ※ 上値のメド、下値のメド解説(週内のテクニカルサポート解説/先物指数で算出) 下値のメド・1は27015円、1月4日安値(日中)。 下値のメド・2は26920円、日足・一目均衡表の基準線/転換線。 上値のメド・1は27320円、1月4日清算値。 上値のメド・2は27445円、1月5日夜間取引高値。 1月4日週、5日の日経平均先物・節目とテクニカルポイント 赤い文字は上値を試す際の節目(青い文字は下値を試す際の節目) 5日の予想レンジ・先物の数値 26920円/27015円~27320円/27445円 4日週の予想レンジ・先物の数値 26773円/26920円/27184円◎~27685円/27875円 下値メド(4日週) 日足・25日移動平均線/日足・一目均衡表の転換線/日足・5日移動平均線◎ 上値メド(4日週) 12月30日高値/オプション取引行使価格 (注)◎が記されていれば⇒クリア(上回った、下回った)の印。 ※ 225先物・テクニカルポイント(4日週、5日) 参考値 CME時間外取引 -円(円ベース) CFD終値 -円(-) 28626円 週足・ボリンジャーバンド+2σ 28262円 月足・ボリンジャーバンド+2σ 28000円 心理的節目水準 27875円 オプション取引行使価格 27750円 オプション取引行使価格 27685円 12月30日高値(16時54分) 27660円 1月4日高値(4日8時45分) 27653円 日足・ボリンジャーバンド+3σ 27500円 心理的節目水準/オプション取引行使価格 27445円 1月5日夜間取引高値 27362円 日足・ボリンジャーバンド+2σ 27320円 1月4日清算値 27283円 1月5日夜間取引VWAP値(平均売買価格 2時59分) 27243円 日足・5日移動平均線 27116円 週足・ボリンジャーバンド+1σ 27067円 日足・ボリンジャーバンド+1σ 27025円 1月5日夜間取引安値(2時15分) 27015円 1月4日安値(日中) 26920円 日足・一目均衡表の転換線/同基準線 26872円 週足・6週移動平均線 26780円 日足・20日移動平均線 26773円 日足・25日移動平均線 26770円 12月29日安値 26713.47円 12月SQ値 26600円 12月28日安値(日中) 26585円 12月25日安値(2時54分) 26495円 12月24日安値(16時41分) 26480円 日足・ボリンジャーバンド-1σ 26355円 12月23日安値(日中) 26345円 12月22日清算値 26187円 日足・ボリンジャーバンド-2σ 26155円 12月22日安値(19時57分) 26000円 心理的節目 25973円 週足・一目均衡表の転換線 25893円 日足・ボリンジャーバンド-3σ 25606円 週足・13週移動平均線 以下は参考値として 下値テクニカルポイント 25505円 11月24日安値(17時00分) 25416円 日足・一目均衡表の雲の上限 25405円 11月20日安値(19時11分) 25340円 11月13日清算値/同16日安値(16時36分) 25205円 11月13日安値(日中) 25103円 月足・6か月移動平均線 25000円 心理的節目水準 24993円 月足・ボリンジャーバンド+1σ 24975円 日足・75日移動平均線 24950円 11月10日清算値 24825円 11月10日安値(日中) 24778円 日足・一目均衡表の雲の下限 24683円 週足・一目均衡表の基準線 24513円 日足・100日移動平均線 24256円 週足・26週移動平均線 24260円 11月9日安値(19時03分) 24097円 週足・ボリンジャーバンド-1σ 24080円 11月6日安値(日中) 23724円 10月SQ値 23525円 月足・一目均衡表の転換線 23490円 11月5日安値(16時49分) 23350.79円 8月SQ値 23272円 9月SQ値 23250円 11月4日安値(17時30分) 23010円 月足・12か月移動平均線 22910円 11月2日安値(16時30分) 22895円 10月30日清算値/同安値(15時15分) 22840円 9月28日安値 22825円 9月7日安値(23時43分) 22745円 8月31日安値(16時33分) 22670円 週足・52週移動平均線 22666円 日足・200日移動平均線 22601円 7月SQ値 22586円 週足・ボリンジャーバンド-2σ 22575円 9月22日シカゴ225先物安値 22555円 8月28日安値 22487円 月足・24か月移動平均線 22460円 9月21日シカゴ225先物安値 22345円 月足・36か月移動平均線 22275円 週足・100週移動平均線 22245円 8月11日安値 22185円 8月7日安値 22071円 6月SQ値 22030円 8月4日安値 21773円 月足・一目均衡表の基準線 21075円 週足・ボリンジャーバンド-3σ 21299円 月足・一目均衡表の雲の上限 20771円 週足・一目均衡表の雲の上限 20381円 月足・ボリンジャーバンド-1σ

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード