有料記事

一浪するってどう?77現役進学組 78付属進学 79 W.KO進学 80高2の夏

1

100人以上が購入

77話 現役進学組のその後①

難関大はともかく、お試し大やら、 滑り止めに考えてた大学やらにも どこも引っかからずこうまでボロボロと落ち続けると、 現役で適当に折り合いをつけて進学していった友達が しごく正しいように思えてくる。 ましてや模試でA判定の子が 落ちたりするのが受験の現実なのだ。 大学受験は地に落ちたとまで言われながらも、 やってみると未だに結構 狭き門 だったりする。 息子が現役時代に受験して あちこちに落ちたのは仕方がないし、 それについては明らかに実力不足だから 納得なんだけど、 一年浪人してこれだけ頑張って、 先生にも 「物理は偏差値がいつ70超えてもおかしくない状況です。 数学も60近くは問題なくあるでしょう。」 と評価されてたのに、 どの大学にも合格しないというこの現実を鑑みると、 ウチが推薦を蹴散らしたことが  そりゃあ愚かに思えてくるのだった。 でもそれはやっぱり、  隣の芝生は青い に過ぎなかったようにも思う。 高校在学中から言われていたことだけど、 納得の推薦組はいいけれど、 滑り止めとしての付属推薦利用組や、 もう入れるとこならどこでもいいです! という推薦選択組は  大学には入れるけどその後が続かないのだ。 滑り止めで入った子は、 自分の行きたい大学じゃなかったのがやっぱりどうしても ひっかかり、自主退学か仮面浪人で 再受検になるのがほとんどで どこでもいいや~、で入った奴は 当たり前だけど、実力不足で授業についていけず ドロップアウトしてしまうらしい。 大抵の大学は入るとまず試験がある。 大学内の学力テストのようなもので その成績でクラスが振り分けられ 応用と、基礎と、リメディアル、と感じで分けられる。 (※仕組み、名称等は各大学で異なります。) リメディアル教育というのは  大学の授業についていけないと判断された実力の子 に、高校分野を再履修させる底上げ教育のことだ。 ウチの息子が現役進学していたなら、 間違いなくリメディアルクラスだっただろう。 リメディアルが悪いとか言っているんじゃない。  それで解るようになるなら御の字だ。 ただ高校の、3年間という時間をかけて しっかりと確実に落ちこぼれた息子のような子が、 3か月やそこらリメディアル教育を受けたくらいで、 物理や数学が解るようになるはずがないってことが 問題なのである。 それくらいで解る学問なら苦労なんてなく、 もうとっくにどうになかなっているはずなんだ。 リメディアルで這い上がれないとその後どうなるか。  何とかなるならいいが、なんともならないと、留年。 留年してもどうにもならないと中退だ。 中退につながりそうな留年をするよりは、 浪人して実力つけから入ったほうが いいのじゃないだろうか。 息子とどっこいどっこいの成績だった子は、 案の定みんなリメディアルだった。 高校時代 物理は得意! と言ってた子が やっと基礎クラス。 (推薦だったので受験勉強はしていない。 だから得意でも基礎クラスがせいぜいなのだ。) でもその子も前期では単位を落としてしまい、 後期に再履修となる。 高3の最後の3か月、 イケメン先生に教わった子が一人いるのだけど その子は応用クラス。(さ~すが、イケメン先生!) でもやりたかったことと違うと言いだし 大学に疑問を感じてプチ不登校。 もちろん単位を落として再履修。 ウチの息子より、成績が悪かったのに、 建築学部へ推薦で入った子は やっぱりどうにもついていけずに、 大学の授業開始早々で諦め、 仮面浪人して他大学を再受検したという・・・ 。 つまり、彼の選択は 親には大学の入学金や授業料など その全てを無駄にするという迷惑をかけ、 後輩たちには推薦が来なくなるという 大きな迷惑をかけたことになるのだった。

レビュー

(11)

まだレビューがありません

お受験

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード