有料記事

30日のマーケット展望

2021年は序盤が肝心、そこで踏み止まれば、評価の高い日本株の未来はさらに明るいものとなる

28日週(今週)、30日の東京株式市場の展望をテキストで解説いたします。 【動画配信は、3日までお休みする予定です。】 本日の東京株式市場は、投資家心理が想定するほどのヤレヤレムードではなさそうだ。 持たざるというよりも、買わざるを得ないリスクが顕著に表れており、気が付けば日経平均株価指数の3万円も遠いところではない。 1日で世の中が一変したようで、日経平均株価指数が27000円を上回ったことで、これまで抑え込まれていたものが吹き出したように思える。 本日は2020年の最終売買日、年初からは想定を超え過ぎた展開、日経平均株価指数の27000円超えは予想できても、同指数の16000円割れから、ここまで劇的に上昇は想像できなかった。 コロナで限界値をイメージしたのは事実、ファンダメンタルズで語る水準に回復するのは容易でなく、PER15倍強の水準でも買われなかったのに、今はアフターコロナですべてが変わると期待されている。 需給が下支えと言っても、それだけで買われるほど市場の投資目線は甘くなく、何かが変わると期待された結果が、今の日経平均株価指数だと考えている。 値がさ株が支えた、特定の銘柄に集中した、米国株が上昇した、いろんな揶揄したとしても、上昇したということは、買い需要の存在であるということ。 それだけ日本株の評価が世界基準で相対的に低すぎた反動が出ただけ、先進国の中でデフレマインドが浸透し過ぎて、低金利に慣れ過ぎて、金利欲しさに外貨に頼っていた。 今や世界的な金利水準が日本に追いつき、このコロナウイルスのパンデミックは日本にとって、相対的にリスクは小さいとみた見直し機運が高まったのだろう。 そして、コロナウイルスによってもたらされたものは真のデジタル革命であり、ようやくパソコンを通じて、ネットでつながることが日常生活に結び付いたのかもしれない。 PERよりも、日本に投資する価値ありが期待先行でも買い需要につながったとみて良く、ようやくここにきてアフターコロナを期待して、重厚長大産業にも見直し買いが入っている。 アベノミクスから脱却し、ある意味ベールに包まれていた日本の今が、日本に上場している企業の魅力と成長力期待につながったとみて良く、ホントのスタートはこれからである。 年明けは調整機運に付きまとわれる傾向にあるが、上昇し続けた年もある。 年が明ければ、これまでと違った景色も見え、投資環境と心理も一変するリスクはあるが、思いのほか良い流れになるのではないか。 そう期待して、今年最後の文章を締めくくりたい。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード