有料記事

伏字の中身を教えます

1〜9人が購入

限定でも書かなかった伏字

 それを今から発表していきます。

これはどうみても一線上に繋がっていると思います。

 その事を書くと記事が上がらないという事は 「私に伏字の内容を語った人間と、記事を妨害している人間どうみても同一か仲間か」 という事は誰しも感じる事でしょう。 どう見ても伏字ではっきりとは書かれてはいないわけですし邪魔しなくても放置しておけば住む程度の内容な筈です。 しかも、彼らは脇が甘すぎるのか?頭が悪すぎるのか?自分で話してしまうんですよね。だからそれを私はいつも書き留めてきただけなんです。客観的に「言っていたことを」そのまま。

伏字の内容は、何と某宗派の阿闍梨の前で発言されました

今だから暴露しますが、某阿闍梨はその伏字の内容をきくと 「ああ、そうか、それね」と間違いなく言いました。 知っていないと私はそういう風には言わないと思いました。

実は、この阿闍梨って私が初期の頃にブログに書いたグラウディングで出てきた坊さんでした。つまり霊視の中では見た事があったわけです。

しかし、こんなところにいたとは、そしてAの親だったとは・・・ 私はその子供Aの事も疑っていましたので・・・ 私の予測がガチなら・・・・・ 何がしかの理由で私に聖地を訪問させたいからという理由が有るんだと思います。2020年。今年の正月も暗示仄めかし連中が聖地に呼び出して来ました。 考えても見てください。私が見える人間だからとわざわざそこに行かす理由がどこにあるんですか?Nは私をワークと言って色々なところに連れ出します。理由が言えないでそれをするという事は彼女も連中の仲間だったんだと思いますね。

その理由は、私が聖地に行く前と後で何が違うか考えると自分でも気がつきました。そう真実です。そこに何が有るか分かって意識すると呼ばれた者は出てきますよね?つまり何を祀っている聖地か分かるという事です。

レビュー

(3)

まだレビューがありません

趣味・レッスン

もっとみる

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード