有料記事

リクエスト記事 自殺者の最期

1〜9人が購入

こちらは激辛注意 自殺者あるあるの続きとなります。 ご注意とお断り:残酷な描写と過激な内容が含まれております。 嫌いな方はこれ以降は読まないで下さい。 1.強制連行~罪人扱い~自殺者にとっての拷問を受ける 2.三途の川で激流下りを楽しんで! 3.恐怖と絶望、後悔の幕開け 最後の審判 4.反省と後悔、再生の時間を楽しんでね! いざ地獄へlet's go!! 5.終わりに

寿命を終えた死者、自殺者に関係なく初七日(死んでから七日目)まではこちら(この世)にいることを許されます。 その間に最後の別れを告げたり、行きたい場所に行って今までの人生を振り返ることが許されています。 例外なのは悪霊や死霊、怨霊などに憑依されて取り込まれた者 (食い殺されたのち同化する、要は悪霊化する) となりますが、これについてはいずれかの機会にて話をさせて頂ければと思います。 理由:地獄巡り級に陰惨なため さて、自殺者はほぼ例外なく遺族を連れて行こうとします。 その理由は 1.寂しいから一緒に行って欲しい 2.恨み辛みがある者を引きずり込みたい(悪霊化) 3.ごく稀にたまたま死亡時期が重なる このうち1と2が多いです。 案内人が説得に当たりますが、自殺者の場合はほぼ例外なく以下の行為を行います。 1.泣き叫んで暴れる 2.遺族や縁者にしがみつく 3.遺族や縁者を連れて行こうと首を絞めるなどの暴行を行う 4.ずっと付き纏うなどストーカー行為を行って遺族や縁者を精神的に追い込む 5.耳元で恨み辛みを囁いたり、自殺するように促す 以上、上記のなかなかハードな行動を行います。 そのため初七日から8日まで 「持って行かれやすい=葬式が次々と起きやすい」 となります。

レビュー

(3)

まだレビューがありません

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード