有料記事

松下幸之助さんが、地元経営者限定の講演会で言った「してはいけないこと。」

1〜9人が購入

うちの父方の祖父は、小学校しか出てなくて その頃珍しくなかった、丁稚奉公でした、 丁稚奉公先で、仕事を覚えてからは、 小さな粉屋を開きました。 小商いだし、普通に貧乏家庭でしたが、 夫婦で、何とか商いはできました。 4人の子供もできて、4人目の末っ子の うちの父親が中学にはいったころ、 祖母が病気になり、亡くなりました。 だから、私はその祖母(父親の母親)、 とは会ったことがないのですが、 その祖母に、私がよく似ていると 親戚の人、特に父親の姉のおばさんに 言われました。 その祖母の、生まれ変わりじゃないかとか いわれることもあります。 やさしそうな顔の若い時の祖母の写真しか 知らないのですが、この人の生まれ変わり ならいいかもなぁとか思ったりしますw まあ、それはともかく、 その祖母がなくなってから、祖父の商売が 急にうまくいきだしたのだそうです。 親戚の人たちは、その祖母が天国から 手助けしてくれたのだとよく言っていた そうです。 この言う話は、たまに世間でも聞く話で 芸人さんのタカトシさんも、地元北海道で 売れない芸人をしていて、どちらかの おばあさんがすごく応援してくれて いたそうです、そのおばあさんが 亡くなられてから、急に運が向いてきて 上京して、今の人気芸人になれたそうです。 きっと、おばあさんが、天国から後押し してくれたのだ、とタカトシさんは 二人で言っていました。 話を戻すと、祖父は 小さな粉屋をやめ、ある地元産業を作って 売る会社を作りました。地元で作ったものを 行商にいって、取引先を遠い関東方面にまで 拡大して、その会社を私の父親以外の兄弟が 引き継ぎ、その祖父が会長になってから 10年以上死ぬ間際まで、祖父は、その市で 一番の高額所得者になりました。 祖父は、家族にも自分から仕事の話を することもめったになく、 私は地続きの家に住んでいながら、 祖父の仕事の立場を知らなかったの ですが、 ある日、玄関を開けると小学校に来た 市長さんが、おじいさんはいますか、 と言って(選挙活動に市にある会社の 経営者宅を回ってきたのでしょう)、 市長さんがうちの祖父に、頭を下げて いる光景をみておどろきました。 ともかく、 祖父は、自分の会社や仕事の話は しないのですが、 昔、小商いで粉屋をしていたからか、 小さいおもちを一つ買うにも、倹約家で 私は、買い物を頼まれても、 どのおもちが一番得か、教えられました。 市内の数店舗の店から、おもちを買ってきて、 おもちの粉がどこがいいとか、 天秤でおもちの重さを小学生の 私に測らせて、おもちの値段と重さで 1グラム当たりいくらになるか計算させて、 どこのおもちが粉がよくて得か計算して、 いつも、わざわざ遠くの店に、わたしが自転車で 団子やおもちを買いに行きます。 社長なのに、ほぼ、つきあいをしません。 つきあうのは、昔の幼馴染2人だけです。 いつも、毎日曜になると、幼馴染だという、 棟梁と呉服屋のご主人が、祖父の家に将棋を さしにきます。 私がその日は、遠くの店まで買いに行って、 おもちや和菓子とお茶を私が3人に出します。 祖父も無口ですが、棟梁は、もっと無口です。 私が毎回、お茶と和菓子やおもちを 出しますが、 ありがとうと言って呉服屋のご主人はすぐに お茶と和菓子を食べますが、棟梁は将棋盤 から目を離さず、腕を組んだまま、 和菓子にお茶にも目もくれませんw 3人なので、二人がさして、誰か一人が見て います。交代しながら、ほとんど3人とも 世間話もしないまま、静かに将棋をして 数時間たつと、帰っていきます。 わたしの知る限り、家にまでくる、 祖父の個人的な交友関係は その幼馴染二人だけなのです。 そういう社交的な性格じゃないのに、商売で そこそこ成功できたのが、不思議でした。 それで、ほとんど孫の私達にも無口で 感情を表さない祖父なのですが、ある日 少し興奮した様子で、小学生の私に、 「これからは社会貢献だ、社会貢献」 とか話しかけてきた日がありました。 社会貢献って何のこと? おもちの重さを測って買う倹約家の 祖父が、なぜ急に、社会貢献とかいう? と思っていると、その日 祖父は、松下幸之助さんの講演を 聞きにいったのでしたw 松下幸之助さんの、会社は世間の器だ、 社会貢献こそが経営者や会社の役目だ、 という話は、もう皆さんも聞いたことが あると思います。 でも、松下幸之助さんは、 地元の経営者限定の講演会で、社会貢献とか、 素直な心とか、本に載っている ような話ばかりじゃなくて、 「ここだけの話」もしてくれました。 私が祖父からその松下さんの講演の話を 聞いて、なるほどなぁと 子供ながらに思ったことを有料部分に 書きました。 松下さんが、地元経営者にここだけの話で 伝えたことは、 「頭のいい人でもしてしまいがちだけど、 してはいけないこと」です。 もちろん、 ネット社会になるずっと前の昔の話ですが、 ネット社会になるほど、人はそれを 自然にしてしまっている人が多い。 上昇志向の頑張り屋さんの人ほど、 ネットでもそれをよくしている、 すごい努力家で、野心家の人ほど、 もしかしたら 松下幸之助さんがしてはいけないと 言っていたそのことを、人一倍 してしまっているかもしれない。 そのことで、他人のことを思いやって 自分もすごく努力しているのに、 その努力が、その「してはいけないこと」 で、帳消しになっているかもなぁと 思う人が、結構いる。 さて松下幸之助さんは、 何をしたらダメだといったのか。 それは有料記事に書きました。 この話を思い出して、私は祖父の 成功の秘訣が少しわかった気が しました。 祖父は、他人より、たしかに 松下幸之助さんがいった 「してはいけないこと」を しないのです。 人一倍努力しているのに、人のために いいことをいっているはずなのに、 なぜか、努力のわりに報われない人を ネットでよく観察していると たしかに、それを人一倍している人が 多いです。 松下幸之助さんは、講演会で何を 「してはいけない」といったのか、 知りたい人は、下の有料記事をみてね。  この記事は、有料記事部分も、 著作権フリーで、全部コピーしても、 一部引用しても 私の文にリンクをはらずに、自分の 文として書いてもかまいません。 ただ、そのことに条件があります。 誰に目にもふれるような、無料の ブログやネットにこの一部分でも 書くことはやめてください。 有料記事限定のノートや、この アメブロの有料記事とかで、しかも、 もしそれがあなたの文章として 売れたら、その売り上げの1割の お金で、また私の有料記事を買って ください。 この有料記事を同じ文を、アメンバー記事 限定で書いています。 カードがない、今、あまりお金がない、と いう人はアメンバー申請をしてくれれば、 無料で有料部分も読めますし、自分の 有料記事に転用できます。もし、自分の 有料記事として売り上げがあれば、その 1割程度のお金で、私の有料記事を買って ください。 自分の有料記事の値段は、いくらにして もらっても構いません。 コピーできる条件は、あなたの有料記事 で儲かったお金の1割程度で、 わたしの有料記事を買う、というのが 条件なのです。 1万円以上のあなたの有料セミナーの おまけとして この私の有料記事を転用しても かまいませんが、 99パーセントあなたのコンテンツの 有料セミナーだとしても 私のコンテンツの一部を、あなたの 有料セミナーの中で話しできる条件は、 あなたの高額な有料セミナーで 儲かったお金の1割程度は、私の有料記事を 買って頂くことが条件です。 私の有料記事の転用で儲かったら その1割程度は、わたしの他の有料記事を 買う、という条件は 私とあなたの心の中の、約束です。 法的な正式な契約でもないし、もし、 私の有料記事の転用であなたが儲かって、 その儲けの1割で、わたしの有料記事を 買わなくても、私にも誰にも分りませんし、 わかっても、私があなたを責めることも 訴えることもないでしょう。 ただ、その人自身、自分はうそつきだ というイメージをもって、生きていく だけです。 私は、自分はうそつきだ、と思っている 人は、自分から不幸を呼び込むと 思っています。 人生のどこかで、そのうそつきのツケを 払うようになる、気の毒なひとだと 思っています。 それを理不尽だと思うなら、ご自分の 高額なセミナーでは、私のコンテンツは 使わないように気を付けてくださいね。 私の有料記事は、これからどんどん、 こういうふうな、著作権フリーにして、 まず、あなたに儲けてもらって、 あなたが儲かるほど、私にも利益が入る という仕組みを作っていこうとおもいます。

レビュー

まだレビューがありません

その他(キャリア・人生)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード