有料記事

投資する前に、一番読むべき本は、他人の投資失敗本。

「お金に働いてもらおうと思った人ほど、お金に遊ばれる」 証券会社のCMだったか、 「お金に働いてもらおう」というコピーがありました。 お金のある人なら、そうそう、もう自分じゃなくて お金に働いてもらおう、と思って投資しよう、と いう意欲を持たれた人も多いでしょう。 でも、お金って、働く場合もありますが、 勝手に遊びます(笑) 証券会社でいろいろな人を見てきた私が 現実的なコピーを作るなら 「お金に、働いてもらうつもりが、お金に遊ばれる」 です。 自分が何も贅沢もしていないのに、お金が減っていく という悔しさ。 そういうことが、投資の世界では多いのです。 まずは、お金に働いてもらおう、という甘い文句を 鵜のみにする前に、投資で失敗した人の本を 読みましょう。 明日は我が身と思って、身震いします。 お金に勝手に遊ばれるほど、悔しいことはありません。 その人は、大手出版社に勤務して数千万の退職金で 投資して、大損害をしてしまったという体験者です。 お金関連の本の編集にも営業にもかかわったこともある、 知的水準の高いエリートの人で、しかも、お金の関する 情報は、金融関連の本に関わっている仕事をして いるぐらいですから、一般読者よりかなり専門的な 金融知識があるわけです。 そういう人でも、こういう投資の落とし穴があるという 事例を知ることは、とても重要です。 自分は他の人より金融知識があって、うまく投資できる 賢い人だという自信があった著者が、 なぜ、数千万円の退職金を半分に 減らしてしまったのか、 どういう理由で、何を間違って 数千万も退職金を減らしてしまったのか、 きっと、常識的で良心的な賢い人ほど、 この著者と同じ失敗をしてしまう 可能性がすごくあります。 他人の投資の失敗を知ることは、 自分の資産を守る第一歩です。 博打投資をしたつもりなどないのに、 安全に投資したつもりなのに、どうして 退職金が半分に減ってしまったのか、 その投資の大失敗を書いた本と著者は、 下の有料記事に書いてあります。 楽天的に、 「お金に働いてもらおう」と思う前に、 金融投資を検討しようとしている人は、 是非、一度は、下の有料記事の本を 読むことをお勧めします。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード