有料記事

コロナ禍での病院実習

コロナウイルスが拡大する中、病院実習が始まった。 患者さんを受け持っての実習。 学生がそれぞれ患者さんを受け持ち、2週間受け持った患者さんのバイタル測定やケアを行う。 実習5日目、いつものように『また明日もよろしくお願いします。』そう言ってお別れした。 それなのに、その後2日間患者さんに会えない空白の時間があった。 それが、コロナ禍で実習をするということだった。 やりたいことも思うようにできない。 歯がゆい気持ちで毎日を過ごした。 4ヶ月間コロナ禍で病院実習を行った看護学生の記録です。

レビュー

まだレビューがありません

その他(ブログ・HP制作)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード