有料記事

すぐに傲慢になるから

今日からたまに有料記事が登場します。 その理由はまた次回に…。 さて。 わたしには「鏡」が3つある。 猫の玉三郎 長男 次男 玉三郎はこどもが生まれるまでのわたしを 特に鍛えてくれました。 今も鏡としてわたしを 見つめ直してくれるけど 人間のこどもたちも 強力な鏡として存在してくれています。 やはり今のところ 長男が一番の鏡かな。 ペットの問題は飼い主の問題のように こどもの問題は親の問題。 最近の彼に起こった出来事から 見えてきた自分(わたし)の事は 【たとえ故意でなくても 誰かを傷つけていることもある。】 【自分が気づいていないところで 実は自分が誰かを傷つけていることもある。】 ということ。 では、こう見えてきた背景は…? 鏡である長男に何が起こったから わたしはそう気づけたのか…? こうです↓

レビュー

まだレビューがありません

その他(キャリア・人生)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード