有料記事

30日週、12月1日のマーケット展望【動画とテキストで解説】

米経済指標が低迷も、米テクノロジーは総じて堅調、225より中小型か

NYの動向示す先物次第、VWAP値上回ってくれば、26600円を目指す展開、26400円を下回ってくると翌週にSQを控えた手仕舞い売りに押されそうだ。 引け後の手口(30日)、久々にクレディ・スイスが売り仕掛けており、リスクオフを狙ったかどうか定かではないが、5時30分以降のCFD見る限り、売り仕掛けている可能性がある。 追加経済対策に関する話が引け間際にでたことで、急遽買い戻し入れたかどうか定かではないが、この発言の真意めぐる報道に乱高下する展開となりそうだ。

レビュー

まだレビューがありません

株予想・為替・FX

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード