有料記事

コロナ・ワクチンの副作用と接種スケジュール

『NTEB』編集長ジェフリー・グライダー 私たちは、みなさんに警告してきました。それは目前に迫っています。あなたは準備できていますか? コロナ・ワクチンは、2020年12月中に使用が許可される予定です。このワクチンには、潜在的に厄介で致命的な副作用がたくさんあります。 どれくらい酷いのでしょうか? アメリカ医師会を代表する医師とワクチン・メーカーは、2回目の注射をすれば少なくとも1日もしくはそれ以上、あなたがダウンすると言っています。 猫に投与すれば、猫は生きていられません。 どうかみなさん、考えてください! ─── 愛されし者よ、汝がより繁栄し、より健康で、魂さえより繁栄せんことを私は望まん。 ヨハネ1:2 ─── 私は、インフルエンザの予防接種を受けたことがありません。理由や状況のいかんを問わず、これからも受けません。 なぜなら、私は調査をして、インフルエンザ・ワクチンが化学物質で満たされ、健康に深刻な影響を与えることが分かったからです。 私の子供たちも、予防接種を受けたことがありません。なぜなら私は、25年前の調査によって、予防接種をしなければ健康でいられることが分かったからです。 子供たちは、健康食品、ビタミン、野菜ジュースで育ち、壮健な大人になりました。 コロナ・ワクチンに関する私の調査では、起こりうる副作用の一つは死です。それを逃れたとしても、免疫系へのダメージが元に戻らない可能性があります。 ※追加調査を行い、情報を補足しています。 ※最後に衝撃的な画像がありますので、閲覧には十分ご注意ください。 ※()内の数字は出典番号です。

レビュー

まだレビューがありません

その他(美容・健康)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード