有料記事

世界情勢レポート

【目次】

① 世界警察を目指す”ロシア”

② 安倍の権力基盤変化と菅義偉

③ 大阪から始まる5G大量殺人計画?

④ 目覚めた米軍

⑤ 大統領選後のアメリカ秩序と各国との関係

⑥ 筆者の見解

今回は世界情勢レポートです。 これまでのブログ掲載内容から考えて 有益となる情報を選出しました。 【目次】 ① 世界警察を目指す”ロシア” ② 安倍の権力基盤変化と菅義偉 ③ 大阪から始まる5G大量殺人計画? ④ 目覚めた米軍 ⑤ 大統領選後のアメリカ秩序と各国の関係 ⑥ 筆者の見解

① 世界警察を目指す”ロシア” 現在”ロシア”の動きが活発化しています。 アメリカ軍は中東からの段階的撤退を表明。 下記の記事に書かれているようにアフガニスタンとイラクの駐留米軍の規模を大幅に削減すると発表がありました。 特に”アフガニスタン”と”イラク”という点がミソです。 ・アフガニスタン−9.11のテロによる対テロ戦争。 (事実−主犯格であるビン・ラディンはサウジアラビア人であった) ・イラク−大量核兵器所持のため対核テロ戦争 (事実−大量核兵器など無かったと後にブッシュが謝罪) この二国は虚偽の証拠から国際金融資本の目論見のために米軍が制圧しました。 (本当の目的) ・アフガニスタン−”ヘロイン製造”の用心棒 ・イラク−石油資源確保 ですので米軍が駐留することを嫌になり、トランプに圧力をかけ撤退が決まったというような流れと見ています。 その流れから中東の警備に張り付いたのが”ロシア”です。 特にロシアはシリアやイランと良好な関係を築いています。 おそらくロシアは民間会社の流入から段階的に始めていき、おそらく必要不可欠な存在となりうるまで影響を深めるつもりです。 (少し中国の日本侵食の仕組みと似ている) ロシアは今後、以前のアメリカのように中東に大きく関与していくことでしょう。 ”ロシア”の動向には要注目ですね。

レビュー

まだレビューがありません

その他(キャリア・人生)

Amebaでスキルを売り買い

App StoreでREQUをダウンロード
Google Play StoreでREQUをダウンロード